濃厚ヘルシー赤身肉!調理自在の「牛もも肉」オススメレシピ18選

脂肪分が少なく、赤身が多い牛もも肉はヘルシーで、女性にはおすすめのお肉です。ブロック肉やすき焼き用といった薄切り肉で作る、簡単なローストビーフの作り方から、野菜とのおいしい組み合わせまで、料理スキルが上がるレシピをご紹介します。

牛もも肉を使った人気レシピ18選

牛もも肉は、牛肉の部位の中でも、栄養価が高く、脂身の少ない赤身の部分になります。脂身が少ないので、肉質はどちらかというと硬めなのがちょっと難点。スーパーなどではしゃぶしゃぶや、すき焼き用といった薄切りにして売られていることが多いですね。
ただ、栄養価が高く、脂身が少ないということは、健康を気にかける人には、とてもおすすめとも言えます。牛もも肉を柔らかくする方法から、ブロック肉、薄切り肉を使ったおすすめレシピまで、牛もも肉の活用法をご紹介します。

牛もも肉を柔らかくするには?

牛もも肉は脂身が少ない分、肉質が少し固くなっています。噛みごたえのある方が好きな人はそのままでもいいかもしれませんが、やっぱり柔らかいお肉は魅力的ですよね。牛もも肉もある食材を使うと、すごく柔らかくなって食べやすくなるんです。
その食材というのは・・・
「玉ねぎ」です。
すりおろし玉ねぎに、お肉を漬け込むことで、お肉がびっくりするほど柔らかくなるんです。玉ねぎには、プロテアーゼというタンパク質分解酵素が含まれており、それがお肉の組織を分解して、柔らかくしてくれるのです。
お肉を漬け込む時間は30分〜1時間程度。漬け込んだ後のすりおろし玉ねぎは、調味料と一緒に煮込んでソースとしても使えます。すりおろしているので、火が通りやすく甘みも出て、最高においしいソースが作れますよ。

また、この他にも、牛もも肉を柔らかくして食べる方法を下の記事からみることができます。ぜひ読んでみてください。

牛もも肉のブロックで作る煮込みレシピ4選

1. 時短で手早く絶品ビーフシチュー

お野菜たっぷりで、濃厚なビーフシチューのレシピです。牛もも肉はまず強火で両面焼いて、旨味を閉じ込めておくのがポイントです。人参やブロッコリー、かぼちゃなどの野菜のいろどりがきれいですね。レンジや市販のデミグラムソースを使えば、時短でおいしいビーフシチューが作れます♪

2. トマトたっぷりチリコンカーン風煮込みレシピ

メキシカン料理にあるチリコンカーンのようにお豆を組み合わせたスープレシピです。チリコンカーンはひき肉を使うことが多いのですが、このレシピでは、牛もも肉のブロックを使います。しっかりお肉を味わいたい人にはおすすめです。
フレッシュトマトやトマトペースト、じゃがいもや人参など野菜もたくさん入ったヘルシースープです。フレッシュハーブがない場合は、ドライハーブでも大丈夫です。時間のあるときに作り置きしておけば、時間のない朝など、温めるだけの簡単調理できるので便利です。

3. 牛もも肉で作る"あの名店"の本格カレー

特集

SPECIAL CONTENTS