牛肉=高いは間違い!? 家計にやさしい「牛肉細切れ」のおすすめレシピ20選

他のお肉と比べると高い牛肉。ですが、牛肉細切れを使えばそんな悩みも解消です!ブロック肉と違ってコスパが良く、薄切りで味がしみ込みやすいことから、さまざまなレシピに使えます。今回は、そんな牛細切れ肉を使ったレシピをたっぷりご紹介します。

牛肉細切れレシピ

鶏肉や豚肉と比べると値段が高く、高級品といったイメージの牛肉。時に国産牛にこだわると、なかなか給料日直後でないと難しかったりしますよね。しかし、細切れ肉を選べば手頃な値段で食べられて、家計も助かります。

細切れ肉というと炒め物しかないのでは?と思うかもしれませんが、アレンジ次第でブロック肉のように楽しめます。じっくり煮込めば味もしみ込みやすくなり、コクもアップ!今回は、そんな牛細切り肉を使ったレシピをご紹介します。

細切れと切り落としの違い

牛肉には細切れや切り落とし肉がありますが、どちらも同じ作業によって出たお肉です。肉を成形して売る時には加工して販売します。この段階で出た余分なお肉をスライスして、販売しているようです。スーパーでよく見るこま切れは、さまざまな部位がミックスされていますが、切り落としは牛の部位別で売られていることが多いので、こだわる方は切り落としを選ぶのがおすすめです。

うまみしみしみ!牛肉細切れの煮物レシピ10選

1. 牛肉とゴボウの佃煮

牛肉とゴボウを佃煮にした、ごはんのお供にピッタリのひと品です。牛肉はさっと下茹でをしてから、フライパンでしっかり味を入れるのがポイント。赤味噌を使いコクのある風味に仕上げましょう。作り置きをしておくと、おべんとうやおつまみにも活躍する便利なおかずになりますよ。

2. 牛肉ジャガ

牛肉を使った代表的なレシピの肉じゃがです。関西風のあっさり味に仕上げるのがポイント。材料は下準備をしっかりして、材料が隠れる位のだし汁で煮るとおいしくできあがります。食べごたえがあるので、メインのおかずに良いでしょう。食べ盛りのお子様も大満足のメニューです。

3. 牛肉のしぐれ煮

牛肉の細切れを使った定番レシピ。作り方がとても簡単なので、作り置きおかずとして最適です。生姜風味が爽やかで、ごはんにのせれば何杯でも食べられる味わいでしょう。汁気が無くなるまでしっかり煮込んで、牛肉に味を染み込ませます。冷蔵庫で4~5日、冷凍すれば長期保存ができますよ。

4. 牛肉の甘辛煮

ピリッと辛い大人風味の甘辛煮です。濃いめのしょうゆ味で、ご飯と一緒に食べたいひと品。白ねぎを使っても良いですが、青ねぎを使うことで配色がよく、食卓をいろどるおかずになるでしょう。辛味が少し苦手な人は、ご飯と混ぜ込んで食べも良いですね。赤唐辛子を調節すれば、お子様も喜ぶおかずになりますよ。

特集

SPECIAL CONTENTS