隠し味はこれ!ヨーグルトを使ったカレーの基本&アレンジレシピ5選

家庭の定番レシピ、カレー。隠し味はたくさんあるお料理ですが、今回はヨーグルトを使ったレシピについてご紹介していきますよ。有名なバターチキンカレーはもちろん、ビーフカレーやポークカレーにも、ヨーグルトの隠し味はぴったり。試してみてくださいね。

2018年5月17日 更新

ヨーグルトを入れるベストなタイミングは?

カレー粉を使う場合

カレー粉を使う場合は、カレー粉よりもヨーグルトをあとに入れるのがおすすめ。カレー粉は具材と一緒に炒めることが多いので、そのほうが味が馴染みやすくなるためです。

カレールーを使う場合

カレールーを使う際は、ルーより先にヨーグルトを入れましょう。ヨーグルトを全体にしっかり馴染ませておくことで、仕上がりがよりまろやかになりますよ。

ヨーグルトを使ったカレーのレシピ5選

1. ビーフカレーイギリス風

牛肉をしっかりと煮込んだ本格イギリスカレーです。隠し味として、仕上げにインスタントコーヒーとヨーグルト、レモン汁が入りますので食べたあともお口がさっぱりとします。

ご飯の代わりにゆでた丸ごとジャガイモの上からカレーをかけ、別添えのフランスパンと食べるスタイルもおしゃれです。特別な日のカレーとしておすすめですよ。

2. トマトカレー

水を使って煮込むのではなく、ほぼトマトの水分だけで作った濃厚な味が楽しめるカレーです。カレーパウダーでしっかりとスパイシーなカレーの風味を出し、仕上げにヨーグルトでまろやかさと、フレッシュトマトのさっぱりとした酸味が加わりますよ!

醤油も入っており、なじみのある味と香りをカレーの奥に感じるので、本格的ですが食べやすいカレーです。
2 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

misokko1

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう