ライター : 大山 磨紗美

発酵食健康アドバイザー / 発酵文化人

東広島市在住。味噌づくり歴15年、広島県内各地で親子サークルでの味噌づくりワークショップを開催し、2018年12月広島県の事業「ひろしま「ひと・夢」未来塾」で味噌づくりで地域と個人…もっとみる

カレーの隠し味にはヨーグルト!

カレーは香辛料でしっかりした味の食べ物ですので、隠し味の種類の多いレシピです。カレーの隠し味はたくさんありますが、そのなかのひとつがヨーグルトなんです! ヨーグルトを加えると、さっぱりまろやかな味わいになるのが特徴です。またお肉をヨーグルトに漬け込んでおくことで、とってもやわらかく仕上がりますよ。

基本のヨーグルト入り「バターチキンカレー」

Photo by macaroni

材料(2人分)

鶏もも肉……1枚(250g) 玉ねぎ……1/2個 ☆ヨーグルト……100g ☆カレー粉……大さじ1/2杯 ☆しょうが(すりおろし)……1片分 ☆にんにく(すりおろし)……1片分 ☆塩こしょう……少々 カットトマト缶……1缶(400g) バター……30g ★カレー粉……大さじ1杯 ★砂糖……大さじ1杯 ★塩……小さじ1/3杯 生クリーム……50cc ごはん……お茶碗2杯分

作り方

1.玉ねぎはみじん切りにします。鶏もも肉は余分な脂と筋を取り除き、大きめのひと口大に切ります。 2.保存用密閉袋に鶏もも肉と☆の調味料を入れてよくもみ込み、冷蔵庫で30分ほど漬け込みます。 3.鍋にバターを溶かし、玉ねぎを入れて弱火で焦がさないように5分ほどじっくりと炒めます。玉ねぎがしんなりしてきたら、トマト缶を加えます。 4.ひと煮立ちしたら②と★を加え、弱火で15〜20分ほど煮込みます。 5.仕上げに生クリームを加え、ひと煮立ちさせたらできあがりです。器にごはんを盛り、カレーをたっぷりかけ、お好みでパセリや生クリームをかけて召し上がれ!

ヨーグルトを入れるベストなタイミングは?

カレー粉を使う場合

カレー粉を使う場合は、カレー粉よりもヨーグルトをあとに入れるのがおすすめ。カレー粉は具材と一緒に炒めることが多いので、そのほうが味が馴染みやすくなるためです。

カレールーを使う場合

カレールーを使う際は、ルーより先にヨーグルトを入れましょう。ヨーグルトを全体にしっかり馴染ませておくことで、仕上がりがよりまろやかになりますよ。

特集

FEATURE CONTENTS