初めてでも失敗なし♪「太巻き」レシピを完全マスター!

はさむ具材によって、さまざまなアレンジが楽しめる「太巻き」。スーパーのお惣菜コーナーなどで目にしますが、お家で簡単に手作りできるのをご存じですか?今回は、プロのように仕上がる巻き方や、こだわりのアレンジレシピをご紹介します。

2017年10月31日 更新

みんなの太巻きを見てみよう!アレンジ3選

1. 梅巻き寿司

見るだけでホッコリと笑顔になるような、梅の花の巻き寿司。デコ弁が流行っていますが、こういった日本の伝統技術がツールになっているのかもしれませんね。

ピンク色のご飯は、佃煮の一種である「桜でんぶ」という食材を混ぜて作りますが、赤梅酢を混ぜたり、赤米や黒米で作ってもOK◎卵焼きに花びら用の細巻きを囲んだら、ご飯で包み込んで完成です。

2. 合わせ巻き寿司

三つの色合いがかわいらしい太巻きは、きゅうり、梅、奈良漬けなどの細まきを組み合わせて作ります。豪華な海鮮を使わなくても、こんなにかわいらしい太巻きが作れるのは覚えておきたいポイント♪

使用する具材はお好みでアレンジして大丈夫ですが、ゆかり、梅肉、たらこなど、赤やピンクのものを取り入れると華やかに仕上がります。

3. 卵巻き寿司

インパクトのある太巻きが作りたいな……というときは、薄焼き卵で包んだ「卵巻き寿司」はいかがですか?のりを使った太巻きは側面を見せると暗くなってしまいますが、卵を使えばキラキラと宝石のよう♪

焼きのりを薄焼き卵に代えるだけなので、さまざまな具材で応用して使えるアイデアです。色合いを意識して作りたいお弁当にもおすすめ!

家族みんなでぱくり♪

太巻きのアレンジは、具材の組み合わせ方によって無限大!定番の海鮮だけでなく、鶏の照り焼きや生姜焼きなど、お肉との相性も抜群なんですよ。酢飯レシピと巻き方をマスターしたら、今まで食べたことのない具材に挑戦してみてはいかがでしょうか。

日本の伝統技術を感じる美しい断面の太巻きは、味だけでなく、見た目にこだわって作るのも楽しみのひとつ。節分やひなまつりなどのイベントはもちろん、おしゃれにアレンジしてパーティーやおもてなしにも取り入れてみてくださいね。
▼酢飯作りの極意!
▼こんなキュートな太巻きも♪
▼「恵方巻き」の豆知識
3 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

donguri

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう