みんなの太巻きを見てみよう!アレンジ5選

1. 彩り豊かでキュート。梅巻き寿司

見るだけでホッコリと笑顔になるような、梅の花の巻き寿司。ピンク色のご飯は、桜でんぶを混ぜて作りますが、赤梅酢を混ぜたり、赤米や黒米で作ったりするのもおすすめです。卵焼きに花びら用の細巻きを囲んだら、ご飯で包み込んで完成です。

2. いろいろな食材で。合わせ巻き寿司

豪華な海鮮を使わなくても、こんなにかわいらしい太巻きが作れるんですよ♪ 3つの色合いがかわいらしい太巻きは、きゅうり、梅、奈良漬けなどの細巻きを組み合わせ。使用する具材はお好みで赤やピンクのものを取り入れると、華やかに仕上がります。

3. パッと目を惹くビジュアル。卵巻き寿司

インパクトのある太巻きが作りたい、というときに、薄焼き卵で包む卵巻き寿司はいかがですか?きれいな黄色で縁取られるお寿司は、パッと目を惹くビジュアル。焼きのりを薄焼き卵に代えるだけなので、さまざまな具材でアレンジできます。色合いを意識したい、お弁当にもおすすめ。

4. 黒米でつくる。アボカドキンパ

韓国の太巻き、キンパを黒米でアレンジするレシピです。仕上げに塗るごま油の香ばしさがたまらないひと品。キムチのシャキッと食感とアボカドのまったりとした食感の相性が抜群です。このレシピは黒米を使いますが、白米でもおいしくいただけますよ。

5. 牛乳パックで。ハートのちらし太巻き

太巻きを作りたいけど、巻きすがない……。そんなときの救世主が、牛乳パック!ハートの形がキュートで、パーティーにぴったりのひと品です。食材の鮮やかな見た目が写真映えしますよ。いつもの太巻きを、フォトジェニックにアレンジするのもいいですね。

家族みんなでぱくり♪

太巻きのアレンジは、具材の組み合わせ方によって無限大!定番の海鮮だけでなく、鶏の照り焼きや生姜焼きなど、お肉との相性も抜群なんですよ。酢飯レシピと巻き方をマスターしたら、今まで食べたことのない具材に挑戦してみてはいかがでしょうか。

日本の伝統技術を感じる美しい断面の太巻きは、味だけでなく、見た目にこだわって作るのも楽しみのひとつ。イベントはもちろん、おしゃれにアレンジしてパーティーやおもてなしにも取り入れてみてくださいね。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ