ライター : 白井シェル

フリーライター

お家で過ごすことが大好きなフリーライターです。料理やインテリア、生活雑貨など暮らしに関するジャンルが得意です。

恵方巻きの具材は7種類が基本

節分といえば豆まきに恵方巻き。決まった方角を向いて食べる恵方巻きは、昔から無病息災や商売繁盛を祈る縁起物として親しまれてきました。無病息災、商売繁盛といえば「七福神」! 恵方巻きは、七福神にちなんで7種類の具材を巻いて食べるのが一般的なんです。ただ、具材の種類にとくに決まりはないそう。

一般的な恵方巻きの具材

決まりがないといっても、一般的な具材については知りたいもの。一般的に使われるのは、あなごやうなぎのかば焼き、卵焼きや伊達巻き、しいたけの煮物、桜でんぶやおぼろ、きゅうり、かんぴょうなどです。 このほか高野豆腐の煮物やガリを入れる場合も。サーモンやマグロなどの海鮮系、生ハムやトマトなど洋風系具材を使ってみるのも面白いですよ。

もっと知りたい!恵方巻き知識

恵方巻きを食べる由来

恵方巻きの由来は、江戸時代から明治時代の大阪にあるといわれています。花街に集まった商人や芸子さんが、節分のお祝いや商売繁盛を祈って食べたのがはじまりなんだとか。 ちなみに当時は恵方巻きではなく、「太巻き寿司」「丸かぶり寿司」と呼ばれていたそうですよ。

恵方巻きの食べ方

恵方巻きは「一本丸かじり」が基本!それは「商売繁盛や幸福を一気にいただく」という意味合いがあるから。途中で止まらず、一気に丸ごと食べることで、あますことなく幸運を取り込むということですね。 食べ方は、年ごとに決められた方角を向き、願い事をしながら黙々と!もちろん、無理はせず、必要に応じて切り分けてくださいね。

定番具材で!基本の恵方巻きのレシピ3選

1. 7種類の具材で作る。基本の恵方巻き

Photo by macaroni

7種類の具材を使う、オーソドックスな恵方巻きです。甘辛いうなぎとマイルドな卵、そして甘酸っぱい酢飯の組み合わせが絶妙なおいしさ。桜でんぶを入れることで、華やかな印象になりますよ。恵方巻きの基本として押さえておきたいレシピです。
Photos:18枚
お盆にのせられた恵方巻き
食卓の上、白い器に盛られた恵方巻きの断面が顔をのぞかせる
節分豆、カットされた彩り豊かな恵方巻きが並んだ食卓
マグロ、海老、卵、桜でんぶなどが巻かれた鮮やかな恵方巻き
白い皿に盛られたマグロとサーモンの恵方巻き
黒い器に盛られた恵方巻きが、明るい日差しを受けてキラキラと照らされている
サーモンやキュウリなどが巻かれた彩り豊かな恵方巻き
まな板の上に並べられたマグロとセロリの恵方巻き
黒い皿に盛られた生ハムサラダ恵方巻き
お皿に盛られた生ハム、トマト、チーズなどが入ったイタリアン恵方巻き
白いお皿に盛られた卵とケチャップの恵方巻き
ピンクペッパーなどが添えられたピラフの恵方巻きが器に盛られている
白い皿に盛られたツナマヨきゅうりの恵方巻き
たくさんの具材が詰まったキンパの恵方巻きが白いお皿に盛られている
一覧でみる
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ