ライター : kinako

料理やお菓子を作ること、食べることが大好きです。作り方のコツやポイントとともに、さらにおいしく味わえるよう、素材や料理の背景にもさり気なく触れられれば、と思っています。

塩焼きだけじゃない!かますのレシピ12選

淡白でクセのないかますは、塩焼きやみりん焼き、干物として食べることが多い魚です。南方系の魚で、イワシやアジなどの小魚を食べる魚食性。年間を通して水揚げされますが、旬は10~12月と3~4月です。10~12月のかますは脂がのっており、3~4月のかますは産卵前なので栄養がたっぷりですよ。

フライパンで簡単!かますの焼きもの、煮もの6選

フライパンがひとつあれば簡単にできる焼きものレシピです。かますは身がやわらかいため、ちょっと調理がむずかしい魚。フライパンで料理するときは、身がくっつきやすいので注意しましょう。

1. 洋風に味わう!かますのオリーブオイル焼き

かますを洋風に味わう簡単レシピ。水洗いしたかますは、塩・コショウがなじむよう、しっかり水を切りましょう。片栗粉の付きもよくなりますよ。オリーブオイルでこんがり焼き上げると、外はカリカリ中はふんわり。和食だけでなく洋食にもマッチするひと品は、材料が少ないうえ時短でできるため、覚えておくと便利です。

2. ピリ辛とろ~り♪ カマスの明太マヨネーズ焼き

明太子&マヨネーズで、さっぱり味のかますがこってりに!大人だけでなく、子どもも喜んで食べてくれるレシピです。マヨネーズに明太子を混ぜ、ペースト状にしたものを塗るだけなのでとにかく簡単。仕上げにのせるチーズのとろとろ感が、おいしさをアップしてくれます。ワンパンでできるのでお手軽ですよ。

3. 和風ダレで味わう。かますときのこの焼き浸し

さっぱりした味わいの焼き浸しです。淡白なかますと、しょうゆを使ったタレは相性ばっちり。きのこの旨味も加わり、深みのある味わいを楽しめます。シイタケ、エリンギ、しめじとたっぷりきのこを使うので、食べごたえがありますよ。おいしく仕上げるため、かますときのこはしっかり火を通しましょう。

4. さっぱり!かますと野菜のバルサミコソテー

バルサミコ酢のさっぱり感が食欲をそそるひと品。やわらかい味のバルサミコ酢を使うため臭みがなく、旨味とコクがアップ。かますはこんがり焼いたあと蒸し焼きにするので、ふんわりした食感を楽しめますよ。パプリカやバジルをきれいに盛り付ければ、コース料理のようなひと品に仕上がります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ