ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

旬のスズキを楽しむレシピ15選

淡白な味わいで、合わせるソースや食材を選ばず、煮つけからムニエルまで幅広く活用できるスズキ。スズキは成長するにつれて呼び名が変わる出世魚としても知られる魚です。本来の旬は夏から秋ですが、最近では冷凍技術の進化や輸入などに伴い、一年を通して手に入りやすくなっています。 身は鯛に似た柔らかい肉質で、クセもなくあっさりしているのでどんな料理にも合います。煮つけやムニエルなどの定番ものからお鍋や唐揚げ、蒸しものまでそのバリエーションは実に豊富!今回はそんなスズキを使ったレシピをご紹介したいと思います。

定番!ムニエルのレシピ3選

1. スズキのムニエル オニオンソース

塩こしょうしたスズキに小麦粉をまぶし、バターで焼きます。コンソメ風味に仕上げたスープをかけて完成です。お好みでスープに玉ねぎ、ベーコンを追加して食べごたえもアップしますよ♪ 彩り豊かなムニエルは、テーブルを華やかに演出してくれます。

2. スズキのムニエル オレンジソース

本格的で難しそうなイメージのオレンジソースですが、オレンジ果汁やマーマレードを使えば簡単に出来上がります。淡白な味わいのスズキも、酸味の効いたオレンジソースを使用することで味が引き締まり、上品な味わいに。色味も鮮やかな食欲をそそるソースです。オレンジを絞る手間を省きたいときは、オレンジジュースを使用してもOK。マッシュポテトを置いた上にムニエルを盛り付けると、記念日のメイン料理にもぴったりな仕上がりです。

3. スズキのムニエル トマトバジルソース

バジルの爽やかな香りが上品な一品です。オリーブオイルを火にかけ、香りが出てきたら、下味をつけ小麦粉をまぶしたスズキを焼きましょう。両面をこんがり焼いて皮がパリっとしたら器にもって、トマトバジルソースをかけて完成です。 表面はサクッ、中はふんわりのスズキに、爽やかなバジルとトマトの香りが口の中いっぱいに広がります。

こっちも人気♩ポワレのレシピ3選

4. スズキのポワレ バルサミコソース

ポワレとは、フランス語でフライパンのことをポワールということに由来しています。弱火でゆっくりと火を通していき、皮目はパリッと焼き上げましょう。スズキの身は蒸し焼きにすることでふんわりと焼きあがります。仕上げにバルサミコソースを回しかけて完成です。淡白な味わいのスズキも、バルサミコソースのほのかな酸味で味が引き締まり、旨みもアップします。

5. スズキのポワレ ラタトゥイユ添え

ラタトゥイユは、角切りにした野菜を市販のサルサディップと一緒に煮込むだけで簡単にできます。スパイシーさと酸味が合わさった味わいで、食欲をそそられます。スズキと一緒にたっぷりの野菜が摂れるのがうれしいですね。皮目を焼くときに、フライパンの油をスプーンですくって回しかけるようにします。そうすることで、皮目がパリッと焼き上がるので試してみてくださいね!
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS