ライター : ☆ゴン

カフェやレストランなど外食関連の紹介記事を中心に、豆知識やおいしい料理のレシピなど、皆さまのお役に立つ情報を発信したいと思います。

はまちを家庭で楽しめるおすすめレシピ

「はまち」は大きさで呼び名が変わる出世魚

「はまち」とはおもに関西での呼び名で、関東ではイナダと呼ばれる青魚。最終的にぶりと呼ばれる出世魚として知られ、サイズごとに名前が変わります。関西でも幼魚は、地方によっていろんな呼び名があり、40~60cmのものをはまちと呼ぶのが一般的です。

それより大きく80cm未満のものは地方ごとに呼び方が異なりますが、80cm以上のものはどこでもぶりと呼んでいます。はまちは養殖が盛んで価格も手頃なことから、特に刺身用として関東でも広く流通している魚です。

はまちはどんな調理法でもおいしい人気の魚

はまちは脂がほどよくのっていておいしいため、寿司屋さんでもたいへん人気のあるネタです。また刺身だけでなく、しゃぶしゃぶや塩焼き、照り焼きに揚げ物など、バリエーション豊かな調理法があります。

市場に流通しているはまちは、大半が養殖物なので、一年を通して入手できる使い勝手のよい魚。そんなはまちで作る、さまざまなおすすめレシピを紹介します。

はまちの切り身で作る和風レシピ4選

1. おいしさをシンプルに味わう。はまちの塩焼き

脂がのったはまちの切り身に塩を振って、グリルで焼くだけの、焼き魚の基本といえる調理法です。塩だけのシンプルな味付けが、はまち本来のおいしさを引き出してくれます。

きゅうりの酢の物がいいアクセントで、レモンを搾ったり、しょうゆやポン酢をかけたりしてもOK!切り身が厚い場合は切り込みを入れてください。

2. 皮と骨を抜いて食べやすく。はまちの照り焼き

魚の照り焼きといえば、ぶりの照り焼きが定番ですが、幼魚であるはまちを使ってもおいしく作れます。ぶりほどの脂とやわらさはありませんが、ほどよく脂がのって締まった身が意外と照り焼きに合うんです。

下処理で皮を引いて骨を取り除けば、食べやすくて、お子さんでも喜んで食べてくれますよ。ごはんのお供だけでなく、お弁当のおかずにしてもいいですね。

3. クセのある青魚におすすめ。はまちの味噌漬け焼き

塩焼きや照り焼きと並んで、味噌漬けの焼き魚も、和食では定番の料理です。特にさばをはじめとした、ちょっとクセのある青魚をおいしく食べるのにぴったりな調理法。はまちは青魚のなかでもあまりクセのないほうですが、味噌の風味が素材の旨味と味わいを、より一層引き立ててくれます。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ