4. 日本酒やビールのおつまみに。はまちの唐揚げ

はまちは焼き物だけでなく、唐揚げにしても香ばしくいただけます。ごはんのお供にもよく合いますが、やはりビールや日本酒のおつまみにおすすめ。

下味をつけて少し置き、小麦粉と片栗粉の合わせ衣をつけて、油で揚げるだけで簡単に作れます。そのままでも味がしっかりありますが、天つゆで食べるとさらにおいしいですよ。

はまちの切り身で作る洋風レシピ4選

5. 旨味を閉じ込める洋風の焼き方。はまちのムニエル

フランス料理のムニエルには、白身魚を使うことが多いですが、クセの少ないはまちにもよく合う調理法です。ムニエルは切り身に小麦粉をつけて焼く料理で、余分な粉はよくはたいておくのがムラなく焼くポイント。レシピではオリーブオイルを使用していますが、バターで焼いても構いません。

6. 甘くてスパイシーな風味。はまちのカレー照り焼き

はまちの照り焼きにカレー粉を加えるだけで、スパイシーな香りが食欲をそそる、どこかエスニック味わいに変身します。砂糖を多めにして、カレー粉を少なめにすると、魚嫌いなお子さんでもきっと食べてくれるはず。そのまま焼くより小麦粉をつけるほうが、ふっくらと仕上がるのが特徴です。

7. 見た目もリッチな。はまちのトマトバターソテー

脂がよくのったはまちの腹身を、バターでソテーするレシピ。切り身に米粉をまぶすので、ソテーというよりは、ムニエルといったところでしょうか。

ミニトマトやパセリが入っているため、見た目も色鮮やかでリッチな仕上がり。辛口の白ワインによくマッチしそうな料理です。にんにくの香りを効かせると、赤ワインにも合いますよ。

8. 彩り鮮やかで香り豊か。はまちのハーブパン粉焼き

パン粉をまぶしたはまちに、ハーブの香りを移したオリーブオイルをかけて、香草焼き風に焼いたおしゃれなひと品。パン粉には粉チーズとにんにくなどを混ぜるので、風味豊かな味わいがたまりません。

サクサク食感の衣をまとった、ふっくら肉厚のはまちは文句なしのおいしさ。ごはんのおかずとしてはもちろん、パンやバゲットにも合うこと受け合いです。

はまちの刺身で作るおすすめレシピ4選

9. はまちの刺身があれば簡単。ヅケ刺身のどんぶり

暑い季節にランチを作るとき、火を使って調理するのはやはり億劫なもの。そんなときにはまちの刺身があれば、しょうゆベースのタレと和えてヅケにし、ごはんにのせるだけで即席の海鮮丼が完成します。

時間があればヅケを冷蔵庫で少し寝かせ、ごはんを酢飯にしてあげるとおいしさがアップ!大葉やみょうが、ごまなどの薬味をたっぷりのせていただきましょう。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ