10. 意外な組み合わせ!はまちのごま和え納豆丼

こちらもはまちの刺身で作るヅケ丼ながら、そこへ納豆をプラスしたユニークなレシピ。しょうゆとみりんで作るヅケのタレに、すりごまを加えると香ばしさが増します。納豆には添付のタレだけでなく、わさびをのせるのがミソ。納豆入りなので、酢飯よりも熱々ごはんのほうがおいしいですよ。

11. 生姜の風味が効いた。はまちとアボカドのマリネ

はまちの刺身とアボカド、ミニトマトで作る、カラフルな色合いの料理です。オリーブオイルは使用せず、しょうゆと酢、ごま油などのタレで作る和風マリネで、さしずめ海鮮カルパッチョといったところ。

酢の酸味とおろし生姜の風味が効いて、さっぱりしているため、サラダ感覚でいくらでも食べられるひと品です。白ワインに合いますよ♪

12. 長芋を加えボリュームアップ!はまちのなめろう

なめろうとは千葉県沿岸が発祥の郷土料理で、あじをはじめとした青魚を、なます状に叩いて作る漁師料理のこと。もちろん青魚であるはまちで作っても、おいしいなめろうができます。レシピのように長芋を加えることで、粘りが出やすくなり、ボリュームもアップ!日本酒に最適なおつまみですね。

はまちで作るおすすめの煮物レシピ3選

13. 濃厚な旨味と味わい。はまちのアラの煮物

スーパーや鮮魚店ではたまに、はまちのアラを販売していることがあります。刺身用の身を引いたあとに残った、頭やすき身付きの骨などをパック詰めしたものです。

なかでもエラまわりのカマと呼ばれる部位は、脂がのった身が絶品!そんなアラで作る煮物は、普通の切り身よりも濃厚な旨味があり、魚好きにたいへん人気があります。

14. 大根と焼きねぎがおいしい。はまちの味噌煮

はまちは味噌煮にしてもおいしい魚です。切り身と一緒に大根や焼きねぎを煮ると、はまちの旨味を吸った大根はやわらかく、ねぎは甘くおいしくなります。

ごはんのおかずにはもちろんのこと、おつまみにすると日本酒がいくらでもすすむこと間違いなし。仕上げに味噌を加えたあとは焦げやすいので、煮過ぎにはくれぐれも注意してください。

15. パンによく合う。はまちと野菜のアヒージョ

にんにくと鷹の爪を入れたオリーブオイルで、食材を煮込むアヒージョは、日本でも人気のあるスペイン料理です。本来はカスエラという専用の陶器鍋で煮込むのですが、フライパンで調理して深皿に移しても構いません。

材料は魚介類や鶏肉、野菜などなんでもよく、レシピでは青魚のはまちを使用。にんにくが焦げるほど、油を高温にしないのが上手に作るポイントです。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ