「たらこ」と「明太子」ってどう違うの?

みなさんは、「たらこ」と「明太子」の違いについてご存知ですか?大抵の方は唐辛子の有無によって使い分けているのではないでしょうか。では、もともとふたつの言葉がどのように生まれ、どう使い分けられてきたのか、詳しく説明します。

たらこと明太子の違いって何?

「たらこ」と「明太子」。何となく違うものとして使い分けている言葉ですが、皆さんはこのふたつにどんな違いがあるかご存知ですか?

何となく違うものだとは思っているけど、どちらも同じ魚卵からできていますよね。では実際にはどんな違いがあるのか、詳しく説明していきましょう。

たらこ(鱈子)の定義とは

たらこ(鱈子)とは、漢字からもわかるようにタラの子(卵)のことで、主にスケトウダラの卵巣を指します。一般的に私たちが食べるのは生のたらこではなく、塩漬けなど加工したたらこですね。

主な産地は北海道など。加工したたらこはそのままごはんにのせて食べたり、焼いておにぎりの具にしたりして食べます。

昭和の中期までは「たらのこ」と呼ばれていたといいますが、現在の「たらこ」がいつごろから定着した呼び名かははっきりしていません。

たらこの起源と歴史

たらこの産地は北海道です。いつごろから存在する食べ物なのかは不明ですが、江戸時代にはすでに塩漬けのたらこが食べられていたそうです。

それが全国的な食べ物となったのは明治時代。当時スケトウダラの漁獲量が増えたことから卵巣の加工品も市場に広く流通するようになり、北海道以外の地域でも親しまれるようになったといいます。

ごはんのおとも、お酒のつまみとして食べられてきましたが、ここ最近はパスタのソースとしてもよく使われるようになりました。市販のソースは「たらこ」だけでかなりの種類があり、人気のほどが窺えます。

明太子の定義とは

続いては明太子についてです。

明太子というと、私たちは「辛子明太子」を思い浮かべますね。唐辛子が入っていないものを「たらこ」、そうでないものを「明太子」「辛子明太子」と呼んで区別していませんか?「明太子」が名物の博多では「たらこ」と区別するためにそう呼んでいますよね。

唐辛子の有無によっては味わいも異なるので、私たちはあまり意識せずふたつの名前を使い分けていたんです。

でも、本来は「明太子」イコール「たらこ」でした。

明太子の起源と歴史

「明太子」という名前は、朝鮮の「明太(ミョンテ)」に由来します。ミョンテとはすなわちスケトウダラのことです。

日本で広まった「たらこ」はスケトウダラの卵巣の塩漬けですが、朝鮮発祥のミョンテは調味料漬け(唐辛子含む)でした。これが博多などに伝わり、朝鮮独自の調味料漬けが日本風に改良され「辛子明太子」となったとされています。

そういうわけで、辛いたらこは「辛子明太子」もしくは略して「明太子」、そうでない普通の塩漬けを「たらこ」と区別し始めたのです。

明太子と辛子明太子の違いはない

どちらも原材料となるのはスケトウダラの卵巣で明確な違いはなく、唐辛子の有無を区別するために便宜上生まれた使い分けだったことがわかりました。

つまり朝鮮由来の「辛子明太子」が入ってきたことによって区別する必要性が生まれ、「たらこ」「明太子」のふたつの呼び名ができたということです。

もとをたどればどちらもスケトウダラの卵巣、つまり「たらのこ」なので、広義ではどちらとも「たらこ」ということになります。

たらこと明太子でレシピの代用はできる?

たらこと明太子は結論として同じものであることがわかりました。そうなると気になるのが、たらこと明太子はどちらもレシピの代用ができるのかどうかということです。

これは、辛さに注意すれば可能です。「辛いたらこは食べられない」ということがない限り、おにぎりやパスタなどどんなレシピでも代用することができます。たとえば、クリームを使うパスタでもふつうのたらこ、明太子どちらとも既存の商品があるくらいなので、「これは絶対無理!」という料理は特にないでしょう。

同じスケトウダラだけど、辛さによって使い分けてた!

たらこも明太子もスケトウダラの卵巣で、唐辛子の有無によって便宜上使い分けているだけということがわかりました。そのため、辛子明太子をたらこと言ったとしてもそれは間違いではないのです。

ただ、「たらこ」しかなかったとしたら、「たらこを買ってきて」と言われたとき「辛いほう」か「辛くないほう」か迷いますよね。そういった微妙なわずらわしさをなくすために「たらこ」と「明太子」は使い分けられているんです。
▼よろしければこちらの記事もご覧ください

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

aaaharp

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう