1. ニラ

もつ鍋の具材として定番なのがニラ。根元に香りと旨味が凝縮されていて、包丁で切断するとうま味と香りが良く出るのが特徴です。鍋に入れることでもつの臭みを消してくれます。もつ鍋では、5㎝ほどの長さに切り一番後に入れて、シャキシャキとした歯応えを楽しみましょう。食物繊維も豊富に含んでおり、スタミナをつけたい時におすすめの食材です。

2. キャベツ

ニラと同じくもつ鍋の定番の具材です。もつ鍋では、しっかりと味を染み込ませるため大きくカットし一番下に山のように敷いて入れましょう。煮込むとカサが減ってたくさん食べやすくなります。キャベツの水分でお出汁のあま味が増し、鍋全体の味が際立ちますよ。しっかりくたくたになるまで煮込んでもおいしいですが、食感が残る程度にさっと火を通すのもおすすめです。

3. ごぼう

鍋の隠し味として使われることの多いごぼう。ささがきにしたごぼうをもつ鍋の醤油の甘辛いお出汁で煮込むと、うま味がアップします。皮に近い部分に栄養が多く含まれているので、泥や汚れはたわしなどで軽くこすり落とすだけで大丈夫です。さっと水にさらして煮込むと、コクのあるもつ鍋になりますよ。

4. にんにく

炒め物などの香りづけや、肉料理の臭み消し、薬味など香辛料として和洋中の料理に幅広く使われているにんにく。もつ鍋にも欠かせない定番の具材です。薄切りにしたにんにくをお出汁の材料に入れてコトコト煮込みます。独特の風味で、もつや他の具材のうま味とコクが最大限に引き出され、食欲アップになりますよ。

5. 鷹の爪

様々な料理に少しプラスするだけでスパイシーになり、味にコクが出る鷹の爪。もつ鍋にも欠かせない具材です。具材がグツグツと煮立ったら、輪切りにした鷹の爪を散らします。強火で煮る前に入れると、よりスパイシーに仕上がりますよ。発汗作用があるので、冬はからだの芯まで温まります。

6. 白菜

鍋料理には必ずと言っていいほど使う白菜も、もつ鍋との相性は抜群です。もつ鍋に入れることで、白菜の甘さともつ鍋のお出汁のハーモニーが楽しめます。しっかりと味を染み込ませるため、キャベツと同様白菜を大きくカットしましょう。火が通るとカサが減り、あま味が出て食べやすくなりますよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ