7. 玉ネギ

炒め物やサラダ、スープなどさまざまな料理に使われている玉ネギ。もつ鍋に入れることで、お出汁のコクのある風味がアップします。玉ネギは食べやすく5~6mm幅のくし形切りにし、鍋にお出汁の材料と玉ネギを入れて火を掛けます。煮込むことで柔らかくなり、ほのかに甘くまろやかな味になりますよ。

ほかにも!もつ鍋に人気の定番具材3選

1. 焼き豆腐

コクのあるもつ鍋に焼き豆腐を入れると、肉豆腐のようにやわらかくまろやかな味わいになります。もつの脂と具材のうま味の出たお出汁と一緒に、口の中でトロリとろけ、お箸が進みますよ。木綿や絹豆腐と比べ、焼き豆腐は煮崩れしにくいのが特徴です。中まで火が通り、熱くなっているので火傷には注意してください。

2. えのき

炒め物やスープ、鍋料理と相性の良いえのき。もつ鍋でも、うま味を存分に発揮してくれる具材です。下の部分を切り落とし、房を分けたらほかの具材と一緒に煮込みましょう。じっくり煮込んだえのき、モツや具材と共にお出汁に味が染み込むので、ヘルシーな鍋に仕上がりますよ。ぜひ味わってみてください。

3. こんにゃく

みそ田楽やおでんの具材として、人気のあるこんにゃく。独特の食感は鍋料理との相性も抜群です。まず、鍋に入れる前にこんにゃくは薄切りにして、湯通ししておきましょう。噛みしめる度にお出汁のうま味が口の中に広がりますよ。煮込んだこんにゃくはとても熱くなっています。やけどにはくれぐれも注意してください。

もつ鍋におすすめの変わり種具材4選

1.明太子

博多名物と言えば明太子を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?熱々のもつ鍋の上に丸ごと明太子がそのままドンと載っているビジュアルは、インパクト大!今までありそうでなかったこの組み合わせにテンションが上がります。口に入れるともつ鍋のうま味と明太子の程よい塩気に箸が止まらなくなります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ