ライター : 吉田 鈴

関西出身、沖縄移住を経て、現在は那須に暮らしています。 家族は夫と、2017年末生まれの息子、そしてうさぎ2匹です。 子どもの頃から料理が好きで、調理の仕事もいくつか経験しまし…もっとみる

バターご飯を最強においしく作る!

あなたはバターご飯を知っていますか?あたたかいご飯にバターをのせて溶かし、醤油をかけるだけの、とても簡単な料理です。お子さんや、料理をしたことのない男性でも作ることができます。いわゆるB級グルメの一品ですね。 今回は、簡単料理のバターご飯の基本からアレンジレシピまでご紹介します。ごはん×バター×醤油のダイレクトなおいしさを、ぜひ味わってみてください。トッピングをそろえて、あれこれ試してみるのも楽しいですね。

マル秘テクを伝授!バターご飯の作り方

材料

Photo by 吉田 鈴

【材料】 ご飯:お茶碗1杯 バター:1かけら(5~10グラム) しょうゆ:適量

作り方

1. あたたかいご飯に、バターをのせます。

Photo by 吉田 鈴

2. しょうゆをお好みの量かけて、よく混ぜてできあがり。たったこれだけです。

Photo by 吉田 鈴

さらにおいしくするマル秘テク

Photo by 吉田 鈴

今回、お茶碗一杯の量を150グラムで計量。バターが5グラムだとあっさりした味わい、10グラムだとバターの香りを濃厚に味わえました。お好みや献立に合わせて、変えてみてはいかがでしょうか。 醤油は、量を加減しやすいスプレータイプを利用してみました。10スプレー(1cc)くらいで、ほんのり醬油味。20スプレー(2cc)で強めの醤油味でした。お好みに合わせて調整してくださいね。 バターが溶けやすいように、ご飯は熱々のものがよいですよ。よく混ぜて作ってくださいね。

+1で最強超え!? おすすめアレンジ5選

1.+卵黄&かつおぶし

Photo by 吉田 鈴

卵かけご飯をバターで濃厚にした、間違いない一品です。かつおぶしだけ、卵黄だけでも、もちろんおいしいですよ。よく混ぜてお召し上がりください。 朝食にもぴったりで、具だくさんのお味噌汁があれば、他におかずなしでも満足できそうです。朝から力がわいてきそうですね。

2.+明太子

Photo by 吉田 鈴

生の明太子をプラスすると、バターのコクと明太子のコクの相乗効果で、贅沢な味のご飯になります。辛い物が苦手な方や、お子さんにはたらこでどうぞ。醤油の量は、明太子の塩味で加減してください。 よく混ぜておにぎりにしてもおいしいです。ただしお弁当に入れる場合は、バターは控えめにして、火を通した明太子・たらこを使ってくださいね。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS