3.+鮭フレーク

Photo by 吉田 鈴

ご飯のおとも、鮭フレークをのせました。鮭はバター焼きなどに使われるほど、バターと相性がいいので、こちらも間違いなくおいしいですよ。 鮭フレークの塩加減で、醤油の量は調節してください。

4.+しらす&岩のり

Photo by 吉田 鈴

磯の香りがたっぷり味わえるアレンジです。バターのコクが、しらすとのりの味を際立たたせていて、おすすめの一品。のりは普通ののりをちぎっても、もちろん大丈夫です。 どちらかというと大人向けの味わいなので、飲んだ後のシメのご飯にいかがでしょう。しらすの塩分がありますので、醬油は控えめがベスト。

5.+なめたけ

Photo by 吉田 鈴

バターご飯の醤油の代わりに、なめたけをのせました。なめたけは誰もが大好きな、ごはんのお供ですね。甘辛いなめたけに、濃厚なバターが絡んで、こちらもお勧めのレシピ。お子さんからお年寄りまで、誰からも喜ばれそうです。 朝食によし、晩ごはんによし、飲んだ後のシメにもよしの、万能アレンジです。

少し贅沢なバターご飯5選

1.たらこバターご飯

+1アレンジでも紹介した明太子バターご飯を、より丁寧に作ったアレンジです。味付けしたお米に、たらこを入れます。バターは香りを生かすため、炊きあがってから加えるのがコツ。 たらこの塩分があるので、醤油の量はお好みで調整してください。おにぎりにしてもおいしいです。

2.焦がし醤油のアンチョビバターご飯

刻んだアンチョビに醤油を垂らし、軽く炒めてバターご飯に混ぜ込んだちょっと珍しいレシピです。ごはんなのにお酒が進みそうなひと品ですよ。

3.セロリ混ぜご飯

ゆでたセロリを混ぜ合わせた、見た目も味も爽やかなアレンジ。醤油ではなく、塩であっさりめに味付けして仕上げます。洋食メニューにも合いそうですね。 バターの代わりにごま油を入れても、風味よくおいしく食べられます。中華料理には、ごま油アレンジが合いますね。主菜とスープを添えて、女性の友人のおもてなしにいかがでしょう。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ