苦くない「柚子ジャム」の作り方。皮の下処理ですべてが決まる!

柚子を使って、ジャムを作ってみませんか?少量から簡単に作ることができる柚子ジャムは、スイーツや料理の隠し味としても大活躍!今回は柚子ジャムの作り方と、レンジや圧力鍋を使った簡単レシピ、ジャムの活用レシピもあわせてご紹介します◎

2018年10月16日 更新

柚子ジャムの作り方

1. 柚子皮をゆでこぼす

Photo by uli04_29

細切りにした柚子皮を鍋に入れ、かぶるくらいの水を加えたら火にかけます。

Photo by uli04_29

沸騰したら、お湯を捨てます。

Photo by uli04_29

「ゆでては捨て」を、合計3回繰り返します。

2. 皮と砂糖の量を計る

Photo by uli04_29

ゆでてやわらかくなった柚子皮の、重量を確認します。

Photo by uli04_29

柚子皮の約80%の量の砂糖を、計っておきましょう。今回は88gの80%なので、70g用意しました。

3. 材料を煮詰める

Photo by uli04_29

鍋に、柚子皮と下ごしらえでこした果汁、砂糖、お茶パックに入れた種を入れて、煮詰めていきます。

Photo by uli04_29

少量のジャムを作る場合は、煮詰める時間は10~15分ほどでOKです。途中、ジャムにとろみがついてきたら、早いうちにお茶パックに入った種を取り出しておきます。

Photo by uli04_29

ゆるめのとろみがついたら、火からおろします。冷めるととろみがしっかり出てくるので、ゆるいくらいで十分ですよ。

4. 瓶に詰めて完成!

Photo by uli04_29

粗熱が取れたら、煮沸消毒したガラス製の瓶に詰めて完成です。

お好みではちみつを加えても◎

深みのある味わいが特徴のはちみつは、爽やかな柚子と相性抜群です。砂糖の量を減らしてはちみつをプラスすれば、やさしくコクもある甘みがおいしいジャムに仕上がります。砂糖を減らした分はちみつを加えると、ちょうどいい甘さになりますよ。

柚子ジャムを作るときのコツ

特集

FEATURE CONTENTS