ライター : suncatch

食生活アドバイザー / パンシェルジュベーシック

大阪市在住、大学生と高校生の子をもつ主婦ライターです。育児中に長期入院生活を経験したことで、「おうちごはん」を作る楽しさ、頑張りすぎずに「おいしく味わう」ことの大切さを実感…もっとみる

りんごジャムの基本の作り方

Photo by suncatch

今回は角切りにしますが、薄くスライスしたり、りんごの皮を加えてほんのり赤く仕上げたりと、アレンジが楽しめますよ。お鍋は、ホーローやステンレス製がおすすめ。アルミの鍋は、果物の酸に弱いので避けましょう。

材料(できあがり200cc程度)

Photo by suncatch

・りんご(中)……1個(正味200g) ・砂糖……70g ・レモン汁……小さじ1杯 ※砂糖の量は、りんごの重さの1/3が目安です。

作り方

Photo by suncatch

1. りんごは皮をむき、8個に切って芯を落とし、7mmほどの角切りにします。

Photo by suncatch

2. 変色を防ぐために、塩水(分量外)にさっと浸して水を切ります。

Photo by suncatch

3. 鍋にりんご・砂糖・レモン汁を入れて全体を混ぜ、2〜3分置いて馴染ませます。(大粒に刻んだ場合は、10分以上置いて水分を引き出しましょう)

Photo by suncatch

4. 中火にかけて、沸騰したらアクを取ります。

Photo by suncatch

5. 中弱火にして、ときどき混ぜながら20分ほど煮ます。

Photo by suncatch

6. りんごの色が半透明になり、トロミがつけば完成です。

レンジで簡単!りんごジャムの作り方

Photo by suncatch

同じ材料で、電子レンジ使って角切りりんごジャムを作ります。先ほどよりも、さらに簡単&時短にできますよ! レンジ調理のジャムは、お鍋で作ったしっとりした味わいとは違う、果肉に歯ごたえのある仕上がりに。基本をマスターすれば、りんごの半量をすりおろすなどお好みの食感にチャレンジするのも◎

作り方

Photo by suncatch

1. 基本レシピの12まで済ませ、耐熱ボウルにりんご・砂糖・レモン汁を入れて混ぜます。2〜3分そのまま置いて馴染ませてから、ラップをかけずに600Wのレンジで6分加熱します。

Photo by suncatch

2. 全体を混ぜてさらに600Wで2分加熱すると、りんごがムラなく半透明になります。

Photo by suncatch

3. 水分の状態を見て2~3分ほど追加で加熱し、トロミがついていれば完成です。 ※電子レンジの機種や耐熱ボウルの素材・大きさにより、必要な加熱時間は若干異なります。煮詰め過ぎないよう加熱時間を短めに設定し、追加加熱を重ねて調節するのがコツです。

圧力鍋でも簡単に作れる!

圧力鍋を使うと、短時間でじっくり煮詰めたようなりんごジャムが作れます。加圧後に弱火で1分、圧が抜けたら蓋を取り、強火で一気に煮詰めるだけ!圧力鍋のジャムは果肉がやわらかでトロトロ、なめらかな口あたりはパンやヨーグルトと一緒に食べるだけでなく、お料理のソース材料としても役立ちますよ。

特集

FEATURE CONTENTS