ローディング中

Loading...

「ゆでこぼす・ゆでこぼし」の意味、ご存じですか?食材を茹でた後にゆで汁を捨てる下ごしらえの工程の一つです。アクや苦味の強い野菜や、臭み、ヌメリのある食材を「ゆでこぼす」ことで食材をスッキリとしさせ、料理を上品に仕上げます。

「ゆでこぼす」ってなに?

あなたは普段料理をされますか?料理は好きですか?

テレビの料理番組やネットでのレシピ、料理本を参考にしながら料理をする際に出てくる「ここで○○をゆでこぼします。」という手順。これはいったい何なのでしょうか。

「よく分からないから飛ばしてしまおう」「ゆでこぼしをするかしないかでそんなに味は変わらないのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。ですが、わざわざ書かれている(もしくはテレビ番組の場合、口頭で解説される)「ゆでこぼす」。そんな「ゆでこぼす」の意味を正しく理解し、いつもの料理をおいしくしましょう!

そもそも「ゆでこぼす」って何?

「ゆでこぼす」とは、材料をゆでた後にそのゆで汁を捨てることで、材料の下処理方法の一つです。

ゆでこぼすことで、さまざまな食材の強い特徴(アクやぬめり・臭みなど余分なもの)を除き、料理をサッパリと上品な味に仕上げることができます。

また、他の食材の繊細な味を引き立てることができるために、上品な料理によく使われる下処理の方法です。代表的なものに里いものぬめりとりや、ごぼうのアクぬき、小豆の渋みぬきなどがあります。ちなみに、漢字では「茹で溢す」や「茹でこぼす」と書きます。

吹きこぼすとは何が違うの?

ゆでこぼすとよく間違えられるのが「吹きこぼす・吹きこぼし」という言葉。ゆでこぼすとは、どこがどう違うのでしょうか。

吹きこぼしは、(煮えたった液体などを)吹き上げてこぼすという意味であり、具体的には下記のような状況の場合に使われます。

・沸騰したお湯がやかんからこぼれた
・煮詰めすぎて沸騰したお味噌汁が鍋からあふれ出た

このような場合を「吹きこぼす・吹きこぼし」といいます。ゆでこぼしと比較してみるとかなり意味が異なることが分かりますね。

肉のゆでこぼし

ゆでこぼしは、言葉の通り、食材を茹で、煮立たせ、その汁を途中でいったん全部捨て去り、再び新しい水からゆで直すという方法です。肉のゆでこぼしは、余分な脂肪分を落とし、あくや臭みをキレイにとってくれるだけでなく、冷めてもおいしい料理に仕上げることができます。

料理によってゆでこぼしをする回数も変わってきますし、ゆでこぼす回数を重ねることは少々手間もかかりますが、おいしく上品な料理にはかかせない工程といえますね。

ゆでこぼしがポイントの5つの食材

ゆでこぼしは、基本的に灰汁や苦み、臭みなどをとる作業であるので、ゆでこぼしを必要とする食材は限られてきます。ゆでこぼしを行なうことによって個性的な特徴をもつ食材も上品な味つけにも対応させることができます。

ゆでこぼしで得られる効果は食材によって異なりますが、代表的なものとして下記が挙げられます。

・ごぼう、たけのこ、大根、ほうれん草=アクを抜く
・小豆=渋みをとる
・里芋=ぬめりを取る
・こんにゃく、肉類=臭みを取る


これらの食材は、それぞれのアク、渋み、ぬめり、臭みを茹でこぼすことによって取り除くことが出来ます。茹でこぼしによって上品なすっきりとした味になります。味が染みこみやすくなったり、食材の甘味を引き立たせてくれるという効果もあります。

モツのゆでこぼし

モツは臭みを抜き、油を抜くためにゆでこぼしをします。具体的な手順を順番に見ていきましょう。

1.鍋、ざる、塩を用意します。
2.モツに塩をたっぷりふりかけ、塩もみします。
3.湯を沸かし、沸騰したお湯にモツを入れ、10分から15分ほどゆでます
4.ざるにモツを出し、湯を捨てます
5.モツを流水でもみ洗いします。

こんにゃくのゆでこぼし

コンニャクは煮物やきんぴらなどによく使われる食材です。茹でこぼしによって臭みをとることができます。こんにゃくは水分を多く含み、そのままだと味の染みこみが悪くなってしまいます。茹でこぼしで水分を抜くことで味染みが良くなり、料理がよりいっそう美味しくなります。

1.コンニャクを適当な大きさに切ります。
2.水をはった鍋にこんにゃくを入れて沸騰させ1、2分煮立たせます。このとき鍋の蓋はこんにゃくの臭みとばせるためにあけておきます。
3.コンニャクをザルに出し水洗いをします。

小豆のゆでこぼし

小豆はアクが強いので、茹でこぼしが必要です。また茹でこぼしの回数で風味が変わります。回数が少ないと豆の味のしっかりした味になり、回数が多いとすっきり上品な味になります。

1.小豆をザルに入れ、サッと洗います。小豆についたゴミを洗い流す程度で、洗ったらよく水をきります
2.小豆に豆の量の約3倍の水を加え、強火で沸騰させます。
小豆の鍋が沸騰したら、すぐに火を止め、ざるに小豆をあけて湯を捨てます。

里芋のゆでこぼし

里芋はヌメリの多い食材のため、余分なヌメリを取り除くために茹でこぼしを行います。

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

【東京】ダイエット女子必見★カロリーが気にならない・ノーミートヘルシーバーガー登場♪

ダイエット女子の強い味方、ヘルシーフード。今回はなんと、肉を使わないのに美味しいノーミートバーガーをご紹介!おしゃれスポット「表参道」「広尾」にそんなありがたや〜な店はあります♡ご賞味あれ!

おすすめ!お得な100円でおいしい素晴らしいローソンのスイーツたち

100円あったら〇〇へ行こう。今、100ローソンがあつい!バラエティに富んだ品揃えでおやつに、夕飯の後のデザートに。会社帰りに立ち寄ってみては?

目指せBBQマスター!今年とりたい注目のモテ資格『バーベキュー検定』

バーベキュー検定試験(バーベキューマスター制度)は、日本バーベキュー協会が考案したBBQ文化を普及していく為の人材開発システム(資格制度)です。徐々にステップを踏みながら、マスターへと進化を遂げれば、貴方の人…

ピノアーモンド味ってそんなに人気あったんだ!?ピノが異例のファンサイト展開!!

個人的にピノは好きで、よく買っています。時に星の形をしたピノだったり、ハートのピノが出るなどしてツイッターでつぶやいた経験もあります♪でもしかし、ピノのバラエティーパックなどを買った経験はあるけどもアーモンド…

【武蔵小山】パン一筋26年!全国のパン職人が憧れる根本孝幸氏の”ネモベーカリー”「チキンカツサンド」は食べておきたい逸品

3月22日放送のTBS系列「知っとこ」で紹介されていた・武蔵小山にある「ネモ・ベーカリー&カフェ」 オーナーの根本孝幸氏はオーバカナルやアトリエ・ド・リーヴ等の有名ベーカリーのシェフを歴任してきた全国のパン職…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

コンビニで買える花粉症に効果的なもの5選!今年の花粉には要注意!?

2015年の花粉飛散量は平年(2008~2014)と比べると、多くなることが予想され、最新の予測によると、2014年シーズンの5割増となる予想が立てられました。コンビニで買える花粉に効果的なものを普段から意識…

花見やハイキングの強い味方!使い捨てだけどかわいい食器『3』選

花見やハイキングにお弁当や料理を持ちよるときは、使い捨ての食器があると助かります。とはいえ味気ない食器を使うとせっかくの行楽気分も少し残念な気分に。そこで、是非持っていきたい、使い捨てだけどデザインがかわいい…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

1,000円以内で楽しめる!東京で食べられる「絶品たまご料理」まとめ

調理法によって、さまざまな味や食感の変化を楽しむことができる「たまご料理」。今回は『王様のブランチ』で紹介された、たまごの絶品グルメをまとめました。どのお料理も1,000円以内で楽しむことができるので、お財布…

はんなりと「わらび餅」を味わって。京都のおすすめ店12選

京都へ旅行して、やはり堪能したいのは和菓子です。なかでもわらび餅を売っているお店が、京都には数多くあります。店舗ごとに特色が活かされたわらび餅は、絶品ですよ。今回は、おすすめのお店をいくつか紹介したいと思いま…

焼き魚にちょこんと添えて!芸術の秋にぴったりな「猫おろし」がかわいすぎる!

秋の味覚を楽しめるこの時期は、大根おろしアートが活躍する季節でもあります!Instagramではとくに、焼き魚を見つめる「猫おろし」で盛り上がっている様子。猫おろしがどんなものなのか、どんな風に作るのか、さっ…

ページTOPに戻る