ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

だしに使う「いりこ」とは?

おいしい和食には欠かせないのが「だし」。ていねいに取っただしを使うことで、お料理の味が格段にアップします。だしを取る食材といえば、煮干しやいりこ、かつおぶしを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。いりことはどんなものか、煮干しとの違いは、と実際によく知らない方もいるでしょう。 朝食のお味噌汁には「いりこ」だし!という方も多いはず。また、栄養豊富な「いりこ」はだしを取るだけでなく、骨ごとまるごと食べるのもおすすめです。今回は、おいしいだし作りに大活躍の「いりこ」についてご紹介します! 手軽でおいしいだしの取り方、いりこをそのままいただく簡単レシピなど……ぜひ参考にしてください。

いりこと煮干しに違いは?

だしを取るのに欠かせない、いりこと煮干し。なんとなく使っていたけれど、実際これら2つは何が違うのでしょうか。 実はこれら2つは、同じものなのです。鰹節や煮干しなどダシ素材を専門に取り扱う築地仲卸 伏高の店主・中野さんによると、「いりこと煮干しは同義語です。一般的に、西日本ではいりこ、東日本では煮干しと呼ばれている」とのこと。関東では小さい煮干しをいりこと呼ぶ人がいるなど、地域によって呼び名が異なるそうです。 いりこにはカタクチイワシを使うのが一般的ですが、ウルメイワシやマイワシ、意外なものだとイカナゴやサバ、トビウオなどが使われることもあります。 鮮度が命のため、捕獲後は海水で煮て、すぐに乾燥させていりこ(煮干し)へと加工されます。ちなみに、いりこも煮干しも作り方は同じです。

いりこの種類

いりこにはいくつかの種類があります。いりこの大多数を占めるカタクチイワシで言うと、大きさごとに、「ちりめん」「かえり」「小羽」「中羽」「大羽」に分けられます。いりこと呼ばれるのは、その中でも「かえり」から「大羽」までのみ。ちなみにかえりは2.5cm程度、大羽は11cm程度になるので、大きさはずいぶん違います。 大きさによって、だしの濃さや風味に大きく違いが出ます。大きくなればなるほど旨みが増すので、うどんだしなどによく使用されています。一方、小さないりこは、あっさりとしただしが取れるため、煮物などに使われることが多いのだとか。佃煮やそのまま食べるのもおすすめですよ。

いりこだしの取り方

それでは、実際にいりこだしを取る方法をみていきましょう。いりこだしの取り方には、お手軽にできる2種類の方法があります。水に漬けておく方法と煮出す方法があり、どちらもとても簡単にできますよ。

いりこの下準備

いりこの頭と内臓を取り除きます。頭と内臓を一緒に煮出すと雑味やえぐみが出やすくなってしまいます。時間がない場合はそのままでも構いませんが、時間がある場合はしっかり取り除きましょう。背骨のところに爪を入れるときれいに開くことができるので、お腹の中の黒い部分を取り除きましょう。大きないりこを使う場合は、半分に折って使うとだしが取りやすくなりますよ。

だしの取り方

1. 水に漬けておく場合 水に煮干しを入れて一晩漬けておきます。夜に準備をして放置しておくだけで、さっぱりとおいしいだしが取れるのでお手軽です。 2. 煮出す場合 鍋にいりこと水を入れ、火にかけます。沸騰直前で弱火にし、アクをすくい取り、5~10分煮出します。 ダシを取った後のいりこは目の細かいザルか布巾を使って濾しましょう。特に難しい工程はありません。特に水出しのパターンは朝食のお味噌汁作りにもちょうどいいですよね。前日の夜に用意しておいてはいかがでしょうか?
Photos:3枚
小皿に盛られたいりこの佃煮
くるみバター田作り
◆白菜キムチ用薬念で和えて!いりこのキムチ薬念和え
一覧でみる
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS