おいしい茹で方&炒り方はこれ!「落花生」をもっとおいしく食べるコツ

落花生を生で手に入れる機会があったら、自宅での茹で方や炒り方を試してみましょう。市販のものももちろんおいしいのですが、調理したての落花生はまた別格の味わいなんです。また、その落花生をおいしく食べるレシピもご紹介しますよ。

2018年11月20日 更新

生の落花生はどう食べる?

南米が原産の落花生は、殻に実が入ったサヤのままのものをいい、中の実だけのものは「ピーナッツ」と呼ばれています。日本では、全体の8割が千葉県で栽培されており、9月下旬頃から10月にかけて収穫最盛期を迎えます。

新鮮な落花生は、ゆでて食べるだけでも格別の味わい!今回は、落花生のおいしいゆで方についてご紹介したいと思います。フライパンでの炒り方や、落花生の活用レシピもまとめていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

落花生のゆで方

落花生をゆでるときは、落花生が鍋の中で固まらずにゆでられるように大きめの鍋を用意しましょう。程よく塩気があると落花生の甘みが引き立つため、水1リットルに対して3〜4%くらい塩を入れてください。

用意するもの

・落花生
・水
・塩
・大きめの鍋

ゆで方

1. 鍋に落花生と水、塩を入れて沸騰させたら、弱火にしてから落し蓋をして約50分煮ます。

2. 煮終わったら、約15分浸して落花生に塩味をつけます。長く浸すほど塩気が増すので、漬けすぎには注意してください。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

KIBO LABO キボー ラボ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう