ピーカンナッツとくるみは何が違う?おすすめの食べ方と活用レシピ

皆さんはピーカンナッツをご存知ですか?食べたことがあるでしょうか?くるみとピーカンナッツはとてもよく似ているので、同じものだと思っている方もいるようです。ここではピーカンナッツについて詳しくお話しましょう。

2018年12月5日 更新

チョコ

チョコとピーカンナッツはとても相性が良いです。溶かしたチョコレートにローストしたピーカンナッツを加え、固める方法がおすすめ。サクサクとしたピーカンナッツの食感を楽しみながら食べましょう。小さなカップに入れて固める以外に、大きなバットで固めてカットすれば、バータイプのスイーツになりますよ。

はちみつ

ローストしたピーカンナッツをはちみつに漬け込んでおく方法もありますよ。はちみつの濃厚な風味がピーカンナッツに移り、スイーツ作りに役立ってくれます。もちろんそのままでも取り出して食べることができますよ。はちみつの他にもマヨネーズなどの調味料を加えて、お料理のソースとしても使うことができるでしょう。

ロースト

ピーナッツをローストするのはとても有名な食べ方ですよね。ピーカンナッツでも同じ方法がおすすめです。フライパンでローストすることで、焼いた香ばしい香りとカリカリした食感を楽しめます。食べ方の「チョコ」と「はちみつ」でも先にローストしているので、食べ方にかかわらずローストすることは多いようです。

ピーカンナッツでヘルシーレシピ3選

ピーカンナッツを使ったおいしいレシピをご紹介していきましょう。

1. ピーカンナッツのパイ

とてもゴージャスに見えるピーカンナッツのパイです。メープルシロップを使っているので風味が高く、大人向けのスイーツですね。 ブランデーはお好みで量を調節しましょう。持ち寄りパーティーにも喜ばれそう。オープンタイプのパイではなく、パイで包む形にしても良いでしょう。ピーカンナッツの香ばしさが引き立ち、高級感のあるパイですね。

2. ピーカンナッツのタルト

ピーカンナッツ以外にも複数のナッツを加えたタルトです。カラメル風味に仕上げるので、お子様にも人気がありそう。タルトに使用する生地は手作りでなく、市販されているものでもかまいません。 毎日のおやつはもちろん、記念日のデザートにもおすすめ。一つずつ小さな袋に入れてラッピングをすれば、バレンタインの友チョコ代わりにもなりますね。
2 / 3

特集

FEATURE CONTENTS