えっ、食べられるの!?「どんぐり」のおいしい食べ方&アレンジレシピ

「どんぐり」食べたことありますか?公園に落ちているたっぷりのどんぐりには、美容にうれしい栄養がたっぷり含まれているのです。素通りしてはもったいないですよ!おいしいどんぐりの選び方から、基本の食べ方、栄養素についてご紹介します。

2017年11月30日 更新

人間もどんぐりを食べられる!

子どものころ、公園や森でどんぐりひろいをした記憶はありませんか?顔を描いたり、やじろべえやコマにして遊んだり。コロンとしたフォルムでかわいらしく、たくさん集められるとうれしかったですよね。

実はそんなどんぐり、私たち人間も食べることができるんですよ!「拾ってきたどんぐり、本当に食べて大丈夫?」「おいしくないのでは?」そんな疑問をお持ちの方のために、どんぐりをおいしく食べるコツをお教えします!

どんぐりは貴重な食材だった!

現在は、どんぐりを食べる人はなかなかいないかもしれませんが、昔は食料として重宝されていたんですよ。時代は縄文時代までさかのぼります。当時の人々は、狩りや採集で手に入れた食料を食べ、食べきれない分は穴や屋根裏に貯蔵して、少しずつ食べていました。現在残っている遺跡からも、クルミやクリ、トチ、どんぐりなどが見つかっていますが、その大部分をどんぐりが占めていたのです。

十分にアク抜きしたどんぐりを使って、おかゆや雑炊を作って食べていました。また、携帯食用のどんぐりクッキーも大活躍していたそうです。

どんぐりを食べてみよう

おいしいどんぐりの見分け方

どんぐりにもさまざまな種類がありますが、緑茶などにも含まれる「タンニン」の含有量が多いどんぐりを食べると、お腹の調子が悪くなる場合があります。ちなみにシイ類のものであれば、含有量が比較的少なく甘さもあるので、煎るだけで食べられますよ。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

でぐでぐ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう