ライター : kii

調理師

製菓衛生師、食育インストラクター、フードコーディネーター。「おいしい料理で人を幸せにする」をモットーに、レシピやお料理のコツなどの情報発信を行っています。ブログやYouTubeで…もっとみる

ほくほく「かぼちゃの煮物」を作ろう!

ほくほくでほんのりと甘いかぼちゃの煮物。食べるとほっとするやさしい味は、なつかしさを感じるおふくろの味という方も多いでしょう。 でもいざ作ってみると、べちゃっと水っぽくなってしまったり、煮崩れをしてしまったり、味がおいしく決まらなかったり……と、悩みのタネが多いお料理でもあります。 今回は「かぼちゃの煮物」の作り方を、調理師の筆者が詳しくご紹介。煮物の定番メニューをマスターしましょう♩

かぼちゃの煮物のカロリー

ちなみに「かぼちゃの煮物」のカロリーは、1人前(約130g)で約125kcalほど。ごはんがお茶碗1杯(150g)で約250kcalほどとなりますので、かぼちゃの煮物1人前で、ごはんお茶碗1/2杯くらいのカロリーということになりますね。

「かぼちゃの煮物」の基本レシピ

Photo by kii

では、かぼちゃの煮物の基本の作り方をご紹介します。水100ccに対して、砂糖、醤油、酒、みりんが大さじ1と、調味料の割合はとても覚えやすい比率にしました。 かぼちゃの味を生かした甘じょっぱい味付けは、食べるとほっこりと笑顔になれますよ。仕上げにインゲンを加えて煮れば、このように彩りもよくなります。

材料(4人分)

Photo by kii

・かぼちゃ 1/4個 ・砂糖   大さじ2 ・醤油   大さじ2 ・みりん  大さじ2 ・酒    大さじ2 ・水    かぼちゃがひたるくらい(約200cc)

かぼちゃの下ごしらえ

1. 種とワタを取り除く。

Photo by kii

下ごしらえを丁寧にすることが、かぼちゃの煮物をきれいにおいしく作るコツです。 まずは、種とワタをスプーンで取り除きます。 種とワタにそってスプーンを一周入れれば……

Photo by kii

このようにきれいに取り除くことができます。

Photo by kii

残ったワタは、スプーンでこそげとります。ワタは煮ると崩れてしまい、見た目がよろしくありません。ここできれいに取り除いておきましょう。
2. 皮の硬い部分を取り除く。

Photo by kii

硬い部分や、変色している部分を取り除きます。かぼちゃの切り口を下にして、しっかりと安定させます。包丁の背に指を添えて、そぎ落とすイメージで動かすとよいです。
3. かぼちゃをひと口大に切る。

Photo by kii

かぼちゃを切るときは、このように切り口を上にしてはいけません。グラグラと揺れて切りにくく、ケガをしてしまうおそれもあります。

Photo by kii

かぼちゃの切り口を下にして置きましょう。かぼちゃがしっかりと安定するので、安全に切っていくことができます。

Photo by kii

まずは横方向に半分に切り分けます。切り分けると、▲の形が2つできます。

Photo by kii

1つの▲を……

Photo by kii

3等分に切り分けて……

Photo by kii

上から、2、3、4等分に切り分けます。こうすれば、大きさをそろえて切れます。大きさをそろえることで、火の通り方を均一にできます。 もうひとつの▲も、同じように切ってください。
硬くて切りにくい場合はレンジで加熱!

Photo by kii

かぼちゃが硬くて切りにくいときは、ラップに包んで600Wで2~3分加熱してみてください。軟らかくなって、とても切りやすくなりますよ。
4. 面取りをする。

Photo by kii

面取りをして、角をなめらかにします。角があるまま煮てしまうと、かぼちゃ同士がぶつかったときに煮崩れしてしまうことがあります。 ※包丁とかぼちゃを写真のように持って、奥から手前に包丁を動かすと簡単にできます。
5. かぼちゃを鍋に並べて砂糖をまぶす。

Photo by kii

かぼちゃを重ならないように鍋に並べて、砂糖を全体にまぶします。 ※かぼちゃがぴったりと並べられる大きさの鍋がおすすめです。大きすぎるとかぼちゃが動いてしまい煮崩れにつながりますし、小さすぎてかぼちゃを重ねてしまうと、火の通り方に差がでてしまいます。

Photo by kii

この状態で1時間ほど置いておきます。 ※ここまで前日におこなっておいても問題ありません。 ※すぐに作りたいときは、この手順は飛ばしても構いません。その場合は、水と調味料を加えるときに砂糖も一緒に加えてください。

作り方

1. 水と調味料を加える。

Photo by kii

1時間ほど置いておくと、かぼちゃの水分でお砂糖が溶けます。醤油、みりん、酒を加えたら、水をひたひたになるまで注ぎます。(約200ccくらい) ※砂糖をまぶしていない場合は、ここで砂糖も加えます。

Photo by kii

ひたひたとは、この写真ようにかぼちゃの頭がちょっと出ている状態です。
2. 中火でかぼちゃがやわらかくなるまで煮る。

Photo by kii

調味料を加えたら、火をつけます。まずはふつふつというまで、強火で加熱します。

Photo by kii

ふつふつとなったら中火に下げて、落し蓋をして煮ていきます。

Photo by kii

かぼちゃがやわらかくなるまで、10~20分煮ます。かぼちゃの水分量で時間は変わりますので、竹串で確認しましょう。 ※水っぽいかぼちゃですと10分くらい、水分が少ないと20分くらいかかる場合もあります。 ※途中で水分が足りなくなったら、水を少しずつ足しながら煮ていきましょう。 ※インゲンやほうれん草などの緑色の食材は、仕上がる3分前くらいに加えます。
3. 冷まして味を染み込ませる。

Photo by kii

煮物は冷めるときに味が染み込みます。あたたかいうちに鍋から取り出すと崩れやすいこともありますので、冷めるまでそのまま放置しておきましょう。冷めたら完成です。

特集

FEATURE CONTENTS