ライター : suncatch

食生活アドバイザー / パンシェルジュベーシック

大阪市在住、大学生と高校生の子をもつ主婦ライターです。育児中に長期入院生活を経験したことで、「おうちごはん」を作る楽しさ、頑張りすぎずに「おいしく味わう」ことの大切さを実感…もっとみる

れんこんのはさみ揚げの基本レシピ

Photo by suncatch

鶏ひき肉とれんこんで、れんこんのはさみ揚げを作りましょう。基本レシピをマスターすれば、豚ひき肉や合挽き肉、エビなど、お好きな具材でアレンジを楽しめますよ。 れんこんは水煮したものを使ってもOKですが、シャキシャキのおいしさを味わうには生のものを使うのがおすすめです。

材料(3人分)

Photo by suncatch

・れんこん……10cm(写真は直径6cmのもの) ・鶏ひき肉……200g ・白ねぎ……10cm ・片栗粉……大さじ1杯 ・おろししょうが……小さじ1/2杯 ・塩……小さじ1/2杯 ・胡椒……少々 ・酒……大さじ1杯

・小麦粉……大さじ2杯 ・片栗粉……大さじ2杯 ・冷水……100cc

作り方

Photo by suncatch

1. れんこんはピーラーで皮をむいて5mmにスライスし、酢少々(分量外)を加えた水に放ちます。

Photo by suncatch

2. 鶏ひき肉に白ねぎやそのほかすべての材料を加え、粘りが出るまで手でよく混ぜます。

Photo by suncatch

3. れんこんの水気をしっかり切り、1枚ずつ広げます。小麦粉(分量外)を茶こしで振りかけます。

Photo by suncatch

4. 肉だねをスプーンですくい、半分のれんこんにのせます。小麦粉のついた面を内側にして残り半分のれんこんではさみ、上から押さえます。

Photo by suncatch

5. 衣の材料を混ぜたものに4をくぐらせ、170℃の油で揚げます。衣は1個ずつ、揚げる直前につけましょう。衣液はサラサラでOKです。

Photo by suncatch

6. 一度に2〜3個ずつ、途中裏返して5分ほどカラリと揚げます。

Photo by suncatch

7. 残りのれんこんも同様に揚げればできあがり。

作るときのコツ

・れんこんは酢水に浸けることで変色を防ぎ、きれいな色でシャキシャキ食感の仕上がりに。もちもち食感がお好きな方は、浸ける時間を短めにしましょう。 ・れんこんに片栗粉をきちんとまぶし、肉だねにしっかりと押し付けてはさむことで、揚げたときれんこんがはがれません。 ・れんこんを厚めにスライスした場合、低めの温度でじっくりと揚げると外が焦げずに肉だねまで火が通ります。

鶏ひき肉のれんこんはさみ揚げレシピ5選

1. うまみたっぷりれんこんのはさみ揚げ

しいたけ・卵黄・鶏肉で、タネのうまみたっぷりなはさみ揚げ。淡白な鶏ひき肉に、コクと食べごたえがプラスされますよ。片栗粉と小麦粉を水で溶いた薄衣は素揚げに近いので、軽い食感が楽しめますよ。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS