3. 食感が楽しい!大根ときのこのおかゆ

大根と大根の葉っぱ、エノキを入れて作るおかゆです。炊いた状態のご飯から作るので、冷凍保存してあるご飯や、残り物のご飯を活用できますよ。お茶碗1杯で2人分作れますし、いろいろな食材の食感を楽しめるのが魅力のおかゆです。

4. 野菜がたっぷり!あんかけがゆ

にんじんやシイタケを和風だしで味付けしたおかゆは、片栗粉でトロみをつけてあんかけ風にするのがポイントです。片栗粉を入れることで熱が冷めにくくなるので、あつあつの状態が長くキープできるというメリットも!野菜だけでなくささみも入っており、ひと皿でお腹いっぱいになるボリューム感です。

5. 材料少なめで簡単!小豆がゆ

炊飯器のおかゆモードで炊くだけの簡単な小豆がゆです。米と小豆さえストックしておけば思い立って作れるのが嬉しいポイント!味つけは好みで塩でも砂糖でもOK。食欲が落ちているときや食べ過ぎて胃腸を休めたいときにおすすめのひと品です。

6. ほんのりとした甘さ!さつまいものおかゆ

ほんのりとした甘さのさつまいものおかゆです。キレイに仕上げるポイントは、さつまいもの皮をむき、丁寧に潰すこと!レシピでははちみつを使用しますが、小さなお子さんが食べるときは代わりに砂糖を使用してくださいね。食事はもちろん、小腹が空いたとき食べるのにピッタリ!

旨みたっぷり!中華風アレンジレシピ8選

7. こだわりの中華がゆ

中国でおかゆは日頃から食べられている家庭料理です。日本のおかゆとは異なり、しっかりめに味付けされる中華がゆは、おもてなし料理にも使えますよ。本格的に作りたいときは、手羽先でだしから煮込んだこちらのレシピがおすすめです。仕上げに揚げシュウマイの皮をのせて、サクサクの食感をプラスするのがポイント!

8. 体がほっこり温まる!帆立と卵の中華がゆ

具材に使用する乾燥帆立が、本格的な味を出してくれる中華がゆです。たんぱく質が摂れるささみや体が温まるしょうがを使用しており風邪対策にも!もち米かうるち米を使用するので、普通のおかゆよりもモチモチとした食感を楽しめますよ。(※1、2)

編集部のおすすめ