ローディング中

Loading...

「キティ」というかわいらしい名前のカクテルをご存知でしょうか?赤ワインをベースにしたカクテルで、アルコール度数も低めのため、お酒が苦手な人にも人気です。今回は、キティの由来やレシピを詳しくご紹介します。

人気カクテル「キティ」とは?

「キティ」という名前のカクテルをご存知ですか?海外の女の子をイメージさせるような、かわいらしい名前ですよね。今回は、「キティ」がどんなカクテルなのか、その由来やレシピをお伝えします。ワインベースのカクテルも併せてご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

赤ワインベースのカクテル

「キティ」とは、同量の赤ワインとジンジャエールを混ぜたカクテルです。甘いながらもさっぱりとした飲み口が特徴となっています。

実は材料の分量によって多少味わいが異なってくるのも、「キティ」の特徴です。レシピに関して後ほど詳しくご紹介しますが、まずは、お好みでアレンジ出来るということを頭に入れておいてくださいね。

名前の由来

「キティ」という名前の由来には諸説あります。

まず、「子猫(kitten)」が語源の説。アルコール度数が比較的低く飲みやすいことから、「子猫がなめるほど飲みやすい」という意味を表現。また「はじける泡の様子が、落ち着きのない子猫そっくり」などとも言われています。

他にも、英語圏で「キャサリン」という女性名を「キティ」と愛称で呼ぶことがあり、そこからきているという説。どれにしても、かわいらしさがイメージできるネーミングですね。

アルコール度数

アルコール度数は5~6度位と低めです。お酒が苦手な方にも楽しんでいただけるカクテルです。

キティカクテルの作り方

「キティ」は、赤ワインとジンジャエールさえあれば、手軽に作れます。つまり、たった2つの材料だけで簡単に作れるカクテルのひとつなのです。また、作り方には2つのスタイルがあります。 それが、「氷を入れるタイプ」と「氷を入れないで作るタイプ」です。

例えば、タンブラーグラスに氷を入れて出されるタイプのものは、ジンジャーエールを基本に、マドラーが添えられることがありますね。 これに対し、ワイングラスやシャンパングラスを用いたタイプは、氷やマドラーを使いません。ワインが中心となっているのでしょう。

各自のお好みで、どちらを選ぶこともできます。そこが「キティ」の魅力の一つです。

また、赤ワインとジンジャーエールの適切な分量は、使用するグラスサイズによってさまざまです。なので、用意したグラスの大きさに対して1:1の割合で作ればOKと覚えておいてください。味わいとしては、アルコール弱めの初心者の方向けですが、 どのタイプの赤ワインやジンジャエールを使うかによって、若干違いが出てくるでしょう。

材料

・赤ワイン
・甘口のジンジャエール (辛口でもOK)
・レモン (なくてもOK)
・氷 (なくてもOK)

作り方

「キティ」は、材料をグラスに直接入れて作ります。この作り方を、専門用語ではビルドと呼びます。今回は、氷を入れない作り方をご紹介しましょう。

1. ゴブレットグラス、もしくはワイングラスを用意します。
2. 赤ワインを先に、グラスに対して1/2注ぐ。
3. 次にジンジャエールをゆっくり、赤ワインと同量注ぎます。
4. ジンジャエールの炭酸が抜けないように軽く混ぜましょう。
5. お好みでレモンスライスを入れたら出来上がりです。
※グラスのサイズによって分量は調整してください。

以下のポイントもぜひ覚えてください!

1. 赤ワインは重厚なタイプではなく、軽めのタイプを使うと良いでしょう。
2. ジンジャエールは基本的に、甘口タイプを使用します。(もちろん、辛口タイプで大人の味わいに仕上げてもOK)
3. 味わいの好みによって、各材料の分量を調整しましょう。(飲みやすくするならジンジャエールの量を増やします。お酒に強い方は、赤ワインの分量を増やしてみてください。)

以上を踏まえて、おいしい「キティカクテル」を作ってみてくださいね!

おいしいワインカクテル

それでは、ここからはおいしいワインベースのカクテルをご紹介していきましょう。お好みのものを見つけてくださいね。

オペレーター

赤ワインをジンジャーエールで割ったカクテルが「キティ」なのに対し、白ワインをジンジャーエールで割ったものが「オペレーター」です。フルーティですっきりとした味わいが人気の、飲みやすいカクテルです。

【材料】
・白ワイン…1/2
・ジンジャーエール…1/2  
・レモンジュース…5ml

【作り方】
1. グラスに氷を入れます。
2. レモンジュースと白ワインを注ぎ、ジンジャーエールで満たしましょう。
3. 軽くかき混ぜたら出来上がり。

スライスレモンで飾り付けしても、おしゃれになりますね。

アメリカンレモネード

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

映画の世界を食卓に!飯島奈美さんの「かもめ食堂」レシピ

人気日本映画「かもめ食堂」に登場する、飯島奈美さんのレシピをご紹介します。数々の映画のフードスタイリストを手がけ、レシピ本も出版した飯島奈美さんの料理は、どれも真心こもった温かいものばかり。「かもめ食堂」ファ…

イタリアのおつまみパン「グリッシーニ」のレシピ

ワインのお供にも欠かせない、イタリア生まれのおつまいパン「グリッシーニ」についてまとめてみました。実は簡単に作れるので是非お試しください♡

主婦のお悩み解消!鶏肉をおいしく焼く方法

私も経験ありなんですが鶏肉、特に鶏むね肉をフライパンで焼くとパサついてしまいます。どうにか美味しくジューシーに焼けないものかといつも悩んでました。今回その悩みを解消してくれる素敵な調理法があったのでご紹介しま…

綺麗な人は知っている!?「キウイ」の栄養と簡単レシピ5選

比較的通年にスーパーなどで手に入る「キウイ」。今回はそんなキウイの期待できる効果や栄養などをご紹介します。美容健康効果を求める方は、積極的に摂取したいフルーツですよ。毎朝食べたい簡単レシピもまとめたので、ぜひ…

たまごソムリエ直伝!「温玉ソフトクリーム」のレシピ - 密かなブームの兆し

まさかソフトクリームとあの食べ物が組合わさるなんて…。新作スイーツをソムリエさんからのアドバイスのもと、今回は漫画喫茶(笑)で作ってみました。これはパンケーキなんてものじゃない!次の流行になるのでは?!∩(´…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

とってもヘルシー♪「マヨなしポテトサラダ」のレシピまとめ

ポテトサラダといえばマヨネーズが必須かと思いきや、そうでもないようです♪マヨネーズなしのヘルシーポテトサラダ紹介します。意外とバラエティ豊富なので好きな方法で作ってみてください。

主役級の数々!「大葉(しそ)」の大量消費レシピ20選

さわやかな風味で、薬味として使われることの多い大葉(しそ)。普段は脇役に徹していますが、今回はそんな大葉を使ったレシピを一挙ご紹介します!主食からおかず、おつまみまで、幅広くまとめていますので、お気に入りとな…

「黄金比タレ」が超便利!知っておきたい人気レシピまとめ

タレ一つで料理がグッとおいしくなったり、まずくなったり……そんなときに役立つのが「黄金比タレ」のレシピ。今回紹介する『黄金比シリーズ』を知っていれば、料理の幅がグッと広がります♩みなさんもぜひ作ってみてくださ…

ボリューム満点!!厚揚げステーキのアレンジレシピまとめ★

この1品でメインにもなるボリューミーな厚揚げステーキのアレンジレシピです!低コストで節約料理にも最適な厚揚げステーキが豪華になるレシピをご紹介します☆

お弁当におすすめ!デザートレシピ「7」選♪

お弁当にやっぱり入ってると嬉しいデザートですが、あまり汁気のあるものじゃマズいし、ちょっと悩めるところですよね^^;そこで今回はお弁当におすすめのデザートの作り方についてご紹介したいと思います。お弁当作りに参…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

100年前なのに…?日光金谷ホテル「百年ライスカレー」が人気を集める謎

栃木県日光市の「日光金谷ホテル」は、創業明治6年という日本最古のリゾートホテルです。こちらの名物が「百年ライスカレー」ですが、いったいどんなカレーなのでしょう?誕生秘話やその魅力などご紹介します。通販でも購入…

具材をパンに詰めるだけ!「エッグカップトースト」でおしゃれな朝食を♩

秋晴れのきもちのよい朝に、少し時間に余裕がある日はおしゃれな朝食を楽しんでみませんか?今回は、SNSに載せればたくさんのいいねが付きそうな「エッグカップトースト」のレシピを、作り方がわかりやすい1分程度の動画…

おやつにもおかずにも♩「かぼちゃもち」がほっくりモチモチでやみつきに!

かぼちゃのおいしい季節になりましたね。最近ではハロウィン人気も重なって、スーパーなどでもいろんなかぼちゃを目にするようになりました。煮物のイメージにとらわれがちなかぼちゃですが、Instagramでは「かぼち…

ページTOPに戻る