ALL5,000円以下のおすすめ赤ワイン10選と自分に合うワインの選び方

ワイン初心者さんにとって、渋みの強い赤ワインは結構ハードルが高いもの。でも赤ワインには奥深さがあり、ワインの種類や原料となる黒ブドウの生産地、味わいの違いなどがあります。そんな赤ワインの基本やおすすめの赤ワインをご紹介します。

2018年3月29日 更新

ワイン初心者さんにもおすすめ!赤ワインの奥深さを味わう

そもそも赤ワインってどんなワイン?

ワインの中でも「赤ワイン」は鮮やかなボールドの色をしています。赤ワインの作り方を簡単にお話しすると、黒ブドウと呼ばれる品種のぶどうを収穫して選別され、皮や種も一緒に粉砕し、発酵させます。その後圧縮してさらに熟成させて作ります。この時、皮の色素が移ってワインの色が赤くなるのです。

皮や種を取り除いて粉砕、発酵させる「白ワイン」とはこの部分が違い、発酵温度も白ワインより赤ワインの方が高いとされています。また、同じ赤ワインでもブドウの品種によって香りや味が変わってきます。

赤ワインの味わいの特徴

赤ワインの「味」はどうなのでしょうか。赤ワインは皮や種も一緒に粉砕して熟成するので、渋みが強くアルコール度数も高めです。皮や種を取り除いて作られる白ワインと比べて苦味や酸味も強いとされています。

この味わいの違いは、一緒に食べる料理にも関係してきます。例えば白ワインはそのすっきりとした味わいが淡白な魚料理によく合います。赤ワインは苦みや酸味があるので、淡白な料理と合わせると赤ワインの味に押されてしまいます。そのため、旨味やコク、甘みの多いお肉料理に合わせると、赤ワインによって全体的な料理のバランスがよくなります。

ブドウの品種にあわせて赤ワインを選ぶ

1 / 7
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

cestalavie

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう