そのほかにも人気の品種

ブドウの品種としてほかに「シラー」や「サンジョベーゼ」があります。シラーはシラーズとも呼ばれ、濃厚で酸味が強くなめらかな渋みがあります。黒コショウの香りが特徴的で「スパイシー」と表現されています。

サンジョベーゼは、イタリア全土でもっとも多いブドウの品種で、それから造られるワインは色は濃いルビー色をしています。強い酸味と渋みでチェリーのような爽やかなフルーティーな香りがしますが、熟成するとプルーンのような黒果実の濃厚な香りになります。

産地を参考にして赤ワインを選ぶ

複雑な味わいが魅力の旧世界

ワインの生産国は「旧世界」「新世界」のふたつにわけることができます。そのうち旧世界とは、ワインの生産国として有名なフランスをはじめとして、イタリア、ドイツ、スペイン等のヨーロッパや地中海沿岸の地域のことで、ワインの歴史が古い国々を指します。旧世界のワインは、新世界のワインに比べて価格は高めです。 旧世界のワインの特徴は、魅力的な個性があることです。これは「テロワール」と言われる土壌の質や状態、気候の変化、栽培法、醸造法などのワインに関連する条件が各地域で確立されているからです。ワイン造りの歴史が深い地域ならではで、魅力的なおいしいワインを造る環境が整っています。フランスの2大名産地でもあるボルドーやブルゴーニュ地方もこのテロワールが確立しています。

分かりやすいおいしさが嬉しい新世界

「新世界」は「ニューワールド」とも呼ばれ、ワインの木を植樹したりして新しくワイン造りを始めた国や地域のことで、カリフォルニアやオーストラリア、チリ、日本や中国なども含まれます。新世界のワインの特徴は、施設や設備がしっかりしていて大量生産が可能なため、価格が安いものが多いことです。 新世界の中でもカリフォルニアは質や価格ともに安定しています。またチリ産も価格の安さから、スーパー等で見かけることができます。新しい技術や研究が重ねられ、現在では新世界のワインの品質が旧世界に近づいているとされていますが、ワインの個性という点からいうと、まだまだ旧世界のワインにはかないません。

ボディ(味わい)を見て赤ワインを選ぶ

ボディって?

「ボディ」は赤ワインの味わいを表す言葉で、ワインを口に含んだ時に感じる印象のことを言います。ボディには「ライトボディ」「ミディアムボディ」「フルボディ」の3つがあり、主にアルコール度数とポリフェノールの違いが大きく関係しているとされています。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ