色移りなし!定番にしたい「なすの味噌汁」レシピ20選

味噌汁を毎日食べるという人は、どうしても具材に困ってしまいますよね。そこでおすすめなのが「なすの味噌汁」です。焼きなすや皮なしを使ったレシピなど20選ご紹介します。汁が黒くならない方法できれいに仕上げましょう。

2019年5月31日 更新

具に困らない!なすの味噌汁

和食に欠かせない存在、味噌汁。多くの人に愛されている味噌汁ですが、どんな具を入れようか困ることってありますよね。味噌汁はシンプルな料理だけに、毎日作っているとどうしてもマンネリしがちです。そんなときにおすすめの野菜が「なす」です。
なすの味噌汁は、いろいろなバリエーションが楽しめます。今回は、なすの味噌汁を作る時に気をつけたい色止め方法から、焼いたり、皮をむいたりすることによって変化する味噌汁レシピを紹介します。この記事を読んだら、なすの味噌汁をリピートしたくなるかも!

味噌汁が黒くならないコツ

なすの味噌汁は定番ですが、なすのアクが出て汁が黒くなってしまうことも。せっかく作った味噌汁の色が黒っぽくなり、なんだか色合い的に気になる……。そんなことありませんか?
ここでは、黒くならない方法を3つ紹介します。知っておくと、なすの味噌汁がきれいに仕上がりますよ。

1、なすを下茹でする

なすを下茹ですると汁に色が移りません。塩を入れたお湯でしっかりと茹で、すぐに冷水に入れます。この方法でなすの色止めができ、結果としてなすの色が汁に移らずにすみます。時間があるときに試してみてください。

2、鍋にいれる直前に切って使う

下茹での時間がないときは、鍋に入れる直前になすを切って入れましょう。なすは切ってから時間を置くと切り口が空気に触れ、どんどん黒くなってしまいますが、切ってすぐ鍋に入れると色が移りません。調理まで時間をあけないことがポイントですよ。
1 / 7

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう