8. パサつきゼロ!「ぶりのアヒージョ」

普通に焼くとパサつきがちなぶりも、アヒージョにすればしっとりとした食感に。ハーブやにんにくの効果で、臭みもまったく気になりません。隠し味にはアンチョビをチョイス!ほのかな塩気と芳醇な香りが食欲をそそりますよ。

9. 贅沢に♩「牛タンのアヒージョ」

アヒージョの具材といえば海鮮が定番ですが、牛タンなんてぜいたくな材料でもおいしく作れますよ♩はじめにオリーブオイル、にんにく、塩を入れ、弱火で温めます。香りが移ったら牛タン、にんじん、マッシュルームを入れて弱火でじっくり加熱します。仕上げにネギを飾って完成です。

10. 食感がくせになる「砂肝のアヒージョ」

手軽に作りたいときは、コリコリ食感がくせになる砂肝のアヒージョはいかがでしょうか?作り方は、材料をスキレットに入れてオーブンで加熱するだけととっても簡単!調理中目が離せるので、その間ほかのお料理にとりかかれるのがうれしいですね。

スキレットならニトスキがおすすめ!

19cm 740円(税抜)
もしスキレットを新しく購入予定でしたら、抜群の使い勝手とリーズナブルなお値段で評判の「ニトスキ」がおすすめ!ガス火はもちろん、オーブンや食洗器もOK。鋳鉄製で4.3cmと程よく深さがあり、ニトリの店頭やオンラインショップで購入できます。
15cm 462円(税抜)
IHにも使えますが、「底面12cm以下のフライパンが使用できないコンロ」や「底面が高温になると安全装置が働いてしまうコンロ」では使えない可能性があるのでご注意を。サイズは19cmと15cmのものがあり、どちらもひとつずつ持っておくと使い勝手が広がって便利ですよ!
20cm蓋セット 1,380円(税抜)/16cm蓋セット 925円(税抜)
蓋がセットのものを購入しておくとさらに使いやすさアップ!アヒージョの油跳ねを防止できますし、ハンバーグやステーキなどもおいしく調理できます。ただし、先ほどご紹介したスキレット単品のものとはサイズが少し異なりますのでご注意くださいね。
ニトスキ以外でしたら、アメリカ老舗メーカーである「ロッジ(LODGE)」や、黒皮鉄板製でお手入れが簡単な「ユニフレーム(UNIFLAME)」が評判です。 どのスキレットも使用後は粗熱をとり、洗剤を使わずお湯とたわしでごしごし洗えばOK。詳しいお手入れ方法は過去の記事でもご紹介しておりますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

アヒージョでおうちバル開店♩

スキレットで作るアヒージョ、どれもお店ででてきそうな本格的なレシピばかりでしたね。見た目はおしゃれですがどれも手軽に作れるので、おうちバルをしたいときに特におすすめです♩具材やアレンジ次第で、そのおいしさは無限大!上手に作れたら、おうちバルがさらに楽しくなるかもしれませんね。
▼スキレットをたくさん活用しよう!

編集部のおすすめ