ライター : milkpop

栄養士 / 製菓衛生師

「読み物として楽しい記事」をモットーに、情報を正確におもしろくお伝えできるよう日々研究中です。「食」の楽しさやおいしさが、たくさんの人に伝わりますように!

スキレットで本格アヒージョを作ろう♩

今やおつまみとして大人気のスペイン料理「アヒージョ」。具材をオイルで煮込む料理ですが、みなさんは普段どうやって作っていますか? お鍋や耐熱容器もいいですが、長くおいしく楽しむなら「スキレット」がおすすめ!今回は基本の作り方から豊富なアレンジ、ニトリで大人気の「ニトスキ」のサイズやお値段までご紹介します。

スキレットdeアヒージョの作り方

まずはスキレットで作る基本のアヒージョをマスターしましょう!今回は具材にえびを使っていますが、貝やタコ、鶏肉などでもおいしく作れますよ。

材料(15cmスキレット1回分)

・オリーブオイル……1/2カップ ・にんにく……1片 ・鷹の爪……1本 ・尻尾付きのえび……100g ・塩……少々 ・イタリアンパセリ……適量 ・下処理用片栗粉……大さじ2 ・下処理用塩……小さじ1

手順

1. えびの殻を剥いて背ワタをとり、片栗粉と塩を揉み込んだら水で洗って臭みや汚れをとります。 2. スキレットにオリーブオイルとみじん切りにしたにんにくを加え、中火にかけましょう。 3. 香りがたってきたら火を弱め、鷹の爪とえびを入れて火が通るまで加熱します。 4. 火を止めたら塩で味を整え、パセリをふったらできあがりです。

どうしてスキレットだとおいしいの?

保温力が高いスキレットのアヒージョは、いつまでもアツアツが楽しめるのが魅力!熱伝導率がよく、素材にムラなく火が通るところもうれしいポイントです。余熱でもじっくり煮込まれるので、素材の旨味がしっかりと油に染み込みますよ♩

食材別!アレンジレシピ10選

1. 磯の香りがたまらない「牡蠣のアヒージョ」

磯の香りを楽しむなら、香り高く旨味の詰まった牡蠣のアヒージョがおすすめ!作り方はえびのアヒージョとほぼ同じですが、長時間加熱してしまうと身が縮んでしまうのでご注意を。冷蔵庫で1週間もつので、作り置きにも最適ですよ♩

特集

FEATURE CONTENTS