定番ホルモン「センマイ」とは?どこの部位?食べ方も詳しく知りたい!

焼肉屋さんで見かけることも多いセンマイ。センマイ刺しは独特の歯ごたえも人気です。さて、このセンマイ何のどこの部位かご存じですか?人気の部位センマイについてとその食べ方、下ごしらえの仕方やおすすめレシピまでまとめてご紹介します。ぜひ参考に!

センマイってどこの部位?

センマイを食べたことはありますか?焼肉屋さんでセンマイ刺しを注文したことがある方がいるかもしれませんよね。センマイは独特の歯ごたえがあるホルモン。やや生々しい見た目ですが、食べるとあっさりとしていて、女性にも人気の食べものです。

牛の内臓の一部であるセンマイ。具体的にどこの部位かご説明します。

センマイとは

名前だけ聞いてもあまりピンとこないと思いますが、センマイとは牛の第三胃です。牛は一度食べた草を反芻(はんすう・一度食べたものを再び口に戻して咀嚼すること)するため、胃を4つも持つ動物。センマイ(千枚)という言葉は文字通り、内壁が幾重にもヒダになって重なっているところ。醗酵物が通る胃なので、下処理は必ずしましょう。

食感と味

見た目の生々しさとに反して味は脂少な目でさっぱりしています。ホルモンの中でもカロリーが低く、コリコリとした歯ごたえや食感が特徴的です。

黒センマイ・白センマイ

鉄分が多く含まれることから、色が黒っぽく焼肉屋さんなどでは「黒センマイ」と呼ぶこともあります。

見た目を気にする高級店などでは表面の灰色の部分を湯むきして「白センマイ」として提供しているところもありますね。鉄分が多くカロリーは控えめ、独特の歯ごたえもよいため、女性からの人気も高いようですね。

ちなみに他の部位

第一胃
第一胃は「ミノ」。名前を聞いたことがある方も多いのでは?肉厚で白っぽく、比較的クセは少ない部分です。歯ごたえがあり、包丁で切り込みを入れますが、その切り開いた形が蓑傘(みのかさ)に似ているため「ミノ」と呼ばれるようになったそう。

第二胃
第二胃は「ハチノス」。これは見た目の通り、形状が蜂の巣に似ているため。中国料理やイタリアンのトリッパ(イタリア語でハチノスの意味)のトマト煮などによく使われます。

第四胃
最後は「ギアラ」。ギアラは他の胃と比べて見た目においしそうで、脂ものっている部位です。語源は戦後の闇市でお給料代わりにホルモンが渡されていた時期があり、「ギャラ」に由来するとか。諸説ありますが、関西地方では「赤センマイ」と呼ばれることもあるようですよ。
▼そもそもホルモンってなんだっけ?ホルモンの情報まとめました

人気のセンマイ刺し

センマイ刺しと言っても、本当に生の肉を刺身で食べる訳ではなく湯通ししてあります。お湯でさっとボイルし、表面の灰色の膜を剥がして処理したものを、ポン酢や辛子酢味噌、コチュジャンのタレなどで頂きます。

おいしい食べ方

下処理の仕方

センマイは多くのヒダの隙間に汚れが溜まりやすく、しっかり下処理するのが必須です。

1. 流水で汚れをよく洗い流します
2. たっぷりの熱湯で軽く下茹でします
※スプーンなどを使って表面の灰色の皮を剥がしたものは白センマイ
3. 冷水にとり、粗熱を取ります。
4. 細切りにします。

ピリ辛タレで食べる

センマイ刺しのおすすめの食べ方は、ピリ辛のタレをつけて食べる方法。

コチュジャン、お酢、砂糖を1:1:1で混ぜ、ごま油を少量加えます。おろしにんにく小さじ1/2とお好みで炒りゴマを加えて和えて完成。

ITEM

ユウキ食品 コチジャン

内容量:130g

¥284〜 ※2018年5月30日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

センマイのアレンジレシピ

1.センマイの炒めもの

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう