19. おしゃれなひと品。レモンと秋刀魚のアヒージョ

Photo by macaroni

調理時間:25分(※寝かせる時間は含みません)
材料(4〜6人分)
・さんま……4尾
・グリーンオリーブ……10粒
・レモン……1/2個
・塩……少々
・こしょう……少々
・赤唐辛子……2本
・にんにく……1片
・塩……小さじ1/2杯
・ブラックペッパー……少々
・オリーブオイル……200cc

出典: macaro-ni.jp

おしゃれなお父さんには、レモン風味のアヒージョをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。にんにくの香りと秋刀魚の旨味が染み渡り、レモンの風味さわやかで、オイルまでおいしくいただけますよ。スキレットで作りそのまま出せば、まるでお店のよう。喜んでくれること間違いなしです。

20. アツアツがおいしい。たらの中華風あんかけ

Photo by macaroni

調理時間:30分
材料(2人分)
・たら(切り身)……3切れ
・塩こしょう……少々
・片栗粉……適量
・玉ねぎ……1/4個
・にんじん……1/4本
・たけのこ(水煮)……40g
・ピーマン……1個
・サラダ油(揚げ用)……適量

あんかけ
・鶏ガラスープ……200cc(水:200cc、鶏がらスープの素:小さじ1杯)
・酒……大さじ1杯
・砂糖……大さじ2杯
・酢……大さじ2杯
・しょうゆ……大さじ1と1/2杯
・ケチャップ……大さじ1杯
・水溶き片栗粉……大さじ2杯(片栗粉:大さじ1杯、水:大さじ2杯)
・サラダ油……大さじ1杯

出典: macaro-ni.jp

外はカリカリ中はふわふわのたらに、アツアツの野菜あんが絶妙にマッチ。魚と野菜が一緒に摂れるのはうれしいですよね。野菜は火の通りやすさに合わせて、フライパンに入れるタイミングを変えましょう。さっぱりとした白身魚に甘酢あんは、どんな年代のお父さんでも気に入りますよ。

カラダにやさしく。父の日の「野菜料理」レシピ5選

21. ピーラーでスライス簡単。大根とツナのサラダ

Photo by macaroni

調理時間:10分
材料(4人分)
・大根……1/2本(400g)
・かいわれ大根……1パック(40g)
・ツナ缶……1缶
・塩……小さじ1/2杯
・めんつゆ……大さじ1杯
・酢……大さじ1杯
・マヨネーズ……大さじ2杯

出典: macaro-ni.jp

大根をスライスする面倒な作業は、ピーラーを使います。簡単にできるうえに、均等な厚さになるので食感よく仕上がりますよ。ツナ、めんつゆ、マヨネーズのコク旨な味付けで、大根をおいしくたくさん食べられます。普段あまり野菜を摂らないお父さんに、ぜひ食べてもらいましょう。

22. こんがり!白菜と油揚げのわさび醤油サラダ

Photo by macaroni

調理時間:10分
材料(2〜3人分)
・白菜……1/6株
・かいわれ大根……10g
・油揚げ……1枚

わさび醤油ドレッシング
・わさび……小さじ1杯
・しょうゆ……大さじ2杯
・酢……大さじ1杯
・オリーブオイル……大さじ1杯

出典: macaro-ni.jp

白菜、油揚げ、かいわれ大根を、わさびの辛さをきかせた醤油ドレッシングで味付けするサラダです。油揚げは、トースターでこんがりと焼くことがポイント。香ばしくてサクサクな油揚げが味のアクセントになりますよ。いつもとちょっと違うサラダでお父さんを喜ばせましょう。

23. 韓国海苔がポイント。やみつきほうれん草ナムル

Photo by macaroni

調理時間:10分
材料(3〜4人分)
・ほうれん草……1束
・にんじん……40g
・韓国のり……5g
・しょうゆ……小さじ2杯
・ごま油……小さじ2杯
・白ごま……大さじ1杯

出典: macaro-ni.jp

いつものナムルに韓国海苔をちょい足しすると、旨味と香りが格段とアップする「やみつきナムル」に大変身。野菜はレンジで加熱するので、普段料理をしない方でも気軽に調理できますよ。冷奴にのせてアレンジするのもGood。ビールと一緒に楽しんでもらいましょう。

24. 食卓が華やかに。キャベツのロールサラダ

Photo by macaroni

調理時間:20分
材料(2〜3人分)
・キャベツ……3枚
・にんじん……1/3本
・きゅうり……1/2本
・カニ風味かまぼこ……6本
・アボカド……1/2個
・クリームチーズ……45g

たれ
・白ねりごま……大さじ2杯
・ポン酢……大さじ2杯
・しょうゆ……小さじ1/2杯

出典: macaro-ni.jp

レンジで加熱したキャベツで、色鮮やかな野菜やクリームチーズを巻くロールサラダです。カラフルでおしゃれな料理は、父の日の食卓を華やかに彩ってくれますよ。ひと品で野菜をたっぷりと食べられるのはうれしいですね。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ