ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

野菜や果物の持ち味を生かす食べ方を提案する野菜ソムリエ。通関士として企業に勤務後、美容師・ローフード認定校講師として働きながら、パンと焼き菓子を製造販売しています。不調や不…もっとみる

ほうれん草は生食できる?

ほうれん草にはシュウ酸というアクが含まれていて、生食は向いていません。シュウ酸はえぐみを感じるため、ゆでて水にさらしアクを抜いてから調理することをおすすめします。ただ、風味が失われないように、ゆですぎには注意してくださいね。

生で食べるなら「サラダほうれん草」

生食するなら、サラダほうれん草がおすすめ。サラダほうれん草とは、生でもおいしく食べられるように品種改良されたものです。通常のほうれん草と違い葉や茎がやわらかく、アクが少ないのが特徴で、サラダでも食べやすいですよ。ステーキに添えたり、パスタやピザのトッピングに使ったり、スムージーに入れたりしてもおいしいです。

生で食べる。サラダほうれん草で作るサラダレシピ5選

1. さっぱり。サラダほうれん草のマスタードサラダ

サラダほうれん草とスライス玉ねぎのサラダには、マスタードとレモン果汁で作るさっぱりとしたドレッシングがよく合います。シンプルなサラダなので、肉料理や魚料理の付け合わせにもおすすめですよ。いちごやキウイなどの果物をのせてもGOOD。

2. コク旨!サラダほうれん草のトマトツナ缶サラダ

クセのないサラダほうれん草には、ツナ缶やクリームチーズ、トマト缶などを混ぜ合わせるコクのあるトッピングがほどよくマッチします。ナンプラーとレモン果汁を効かせるドレッシングが全体をまとめていて、クセになりますよ。

3. ピリ辛。サラダほうれん草のキムチドレッシング

サラダほうれん草のドレッシングにキムチを使ってみてはいかがでしょう。シャキシャキの歯ざわりとピリッとするアクセントが加わり、食べごたえのあるサラダに仕上がります。はちみつを合わせることでまろやかさも加わり、絶妙な味わいですよ。

4. フルーティ。サラダほうれん草とオレンジのサラダ

サラダほうれん草は、果物と合わせるのがおすすめ。オレンジの黄色とサラダほうれん草の緑色は彩りが美しく見栄えがいいため、おもてなしにもうってつけです。ドレッシングにオレンジの果汁を使うことで、フルーティな味わいになりますよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ