「サラダお弁当」って大丈夫?傷ませない方法からレシピまとめまで

お弁当にサラダを持っていきたいと思っている方も、多いのではないのでしょうか。でもサラダって傷みやすいんですよね。そこで今回は、サラダを傷ませないポイントや、容器などのアイテム、そしてレシピをまとめています。参考にしてみてくださいね♪

お弁当にサラダを持って行きたい!

健康に気を遣いたいと思ったとき、気になるのが職場などの外出先のランチではないでしょうか。せっかく野菜をたくさん摂りたいのに、お店で食べるサラダランチは意外と高くて、毎日はちょっと……そんなときにおすすめなのが、「サラダお弁当」です!

今回は、サラダお弁当のレシピや、注意点、おすすめの容器などを一挙にご紹介します♪

「サラダお弁当」の意外な落とし穴

サラダ弁当の落とし穴……それはサラダって傷みやすいということなんです。春や夏は気温が高く、気温が低くなる秋や冬は、室内が暖かくなるので、一年中注意が必要です。でもちょっとした工夫で、サラダ弁当を傷みにくくできるんですよ。

「サラダお弁当」を傷ませないための10のポイント

1. 調理前の手洗い

調理前には手を石鹸で二度洗いしましょう。爪のなかにも雑菌が多いので、しっかり洗います。そのあとアルコール消毒するとより◎ また飲食店などでも使われているような、使い捨ての手袋を使うのもおすすめです。

2. お弁当箱のなかを清潔に

毎日使うお弁当箱ですが、水気が残っていると、なかの食材が腐りやすくなります。必ず前日までにしっかり洗い、水気がまったくない状態にしましょう。どうしても洗うのが遅くなってしまったときなどは、清潔なキッチンペーパーなどで水気を拭き取ってくださいね。

3. 直接手で食材を触らない

手を洗いますが、それでも完全に雑菌がなくなったとはいえません。必ず、菜箸やトング、使い捨ての手袋などを使って、直接手で食材を入れないようにしましょう。

4. 野菜の水気はしっかりきろう

生野菜は洗ってから使いますが、そのときの水気も、「サラダお弁当」を傷ませる原因になります。サラダスピナーを使ってしっかり水気をきり、キッチンペーパーなどで拭き取りましょう。

5. 加熱をする

「サラダお弁当」を作るとき、野菜だけでなくチキンやハム、卵、練り物などをトッピングして工夫しますよね。サラダチキンやハムなどはそのまま加熱しなくても食べられる食材なのですが、お弁当に入れるときは必ず加熱しましょう。

また卵などはしっかり中まで火を通すことが大切です。前日の残り物を入れるときも、一度当日に再加熱をしてください。

6. 殺菌作用のある食材を活用する

わさびや梅干しには、殺菌作用があるといわれています。また大葉、しょうが、カレー粉などの酢スパイス類もあるので、それらを「サラダお弁当」に入れるようにしましょう。例えば、傷みやすいでんぷん質のじゃがいもは、カレー粉と一緒に炒めるといいですよ。

7. 味つけは濃いめに

食料を保存するために、昔から塩や酢が使われてきました。これを「サラダお弁当」にも活用しましょう。きゅうりなどの水気が多いものはあらかじめ塩もみをしたり、ミニトマトを酢漬けにしておくことで、そのままのものよりも保存できるようになります。

8. ドレッシングやマヨネーズは別添えで

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

yuyuknight

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう