ライター : KIBO LABO キボー ラボ

調理師 / フードコーディネーター

山口県山口市出身。東京での雑誌記者を経て、ライターをしています。大学・病院案内、行政の観光情報などの固いものから、グルメ・美容まで幅広いジャンルを執筆。イタリア料理とスペイ…もっとみる

とっておきの生ハム料理、教えます♪

ほんのりとした塩気にしっとり食感。以前は特別な食材だった「生ハム」ですが、最近ではいろいろな種類の料理に使われている定番食材となりました。

おもに私たちがイメージするのはイタリアの燻製していない生ハムで、こちらは「プロシュート」と呼ばれており、あっさりとした塩気が特徴です。スペインの生ハムは「ハモン」と呼ばれ、濃厚なうま味とコクがあります。

生ハムの種類はたくさんありますが、一般的に日本で購入されて使われているのは、薄切りのしっとりとした燻製していない生ハムです。

生ハムは加熱するとどうなる?

生ハムは軽く炙っても、香ばしくておいしいです。もちろん炙っても生ハムであることには、変わりがありませんよ。オイルパスタのアクセントとして入れるときは、仕上げの段階で絡めることもあり、軽く火が通ることもあります。

炙ったり火を通したりするときは、少し脂の白い部分の多いものがおすすめです。脂がとけて味に広がりがでますよ。ただし、火を通しすぎると「ハム」になってしまいますのでご注意を。

ササっと簡単!生ハムサラダのレシピ7選

1. 生ハムと冷やしトマトのサラダ

バジルの香りがとってもさわやかな、定番のイタリアンサラダ。湯むきをしたトマトがオイルと岩塩に絡みやすく、濃厚な味になります。生ハムに塩気があるので、岩塩は控えめに!カラフルなフルーツトマトやモッツァレラチーズを入れてもおいしいですよ。

2. 生ハムと玉ねぎの即席マリネ

Photo by 前田未希

シャキシャキの玉ねぎは、水にさらすと生ハムの塩気とよく合います。こちらはユズで風味をつけたマリネで、ピンクペッパーやパセリを散らして華やかに。冷えた白ワインとよく合い、ユズの香りでパーティーの場を盛り上げてくれますよ!

3. 生ハムと水菜の巻き巻きサラダ

シャキシャキの水菜を食べやすいサイズに切って、くるりと生ハムで巻くだけなのでとっても簡単!ドレッシングにオイルを使いますが、梅干しが入るのでしつこくならずにさっぱりと食べられます。モッツァレラチーズや、小ネギを一緒に巻くのもおすすめ。

4. 生ハムとりんごのサラダ

生ハムはフルーツとも相性抜群です。こちらのレシピはりんごを使用していますが、グレープフルーツやオレンジ、マンゴー、ぶどうなどもおすすめですよ。

ドレッシングには白ワインビネガーとマスタードを使い、ダブルの酸味が生ハムとよく合います。クレソンの代わりに、水菜の葉の部分やカイワレを使ってもOK。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS