漢字で書ける?「きんぴらごぼう」の由来がちょっと意外!

普段何気なく食べている「きんぴらごぼう」どうしてこの名前になったのか、由来が気になりますよね。歴史あるおかずなので、成り立ちや漢字に込められた意味は、当時の世情が反映されていておもしろいですよ!きんぴらごぼうの秘密に迫ってみましょう。

きんぴらごぼうってどんな意味?

家庭の和食の代表と言ってもいい「きんぴら」。そのなかでもきんぴらごぼうは定番中の定番。家庭によって作り方も違って、和風居酒屋などではアレンジされたきんぴらごぼうが出てくることもしばしばですね。

きんぴらごぼうとは

「きんぴら」は、主に根菜をお醤油やお砂糖・みりんなどと甘辛く炒めたお料理のこと。きんぴらごぼうは「きんぴら」のなかでも定番ですが、れんこん、にんじん、いもなどの根菜が基本の材料です。根菜を煮物にする時は竹串がすっと通るようにやわらかくします。きんぴらの場合は食感がしっかり残るように炒めるだけ、または炒め煮にするのが基本です。シャキシャキとした根菜の食感と甘辛い味付けがご飯のお供にピッタリで、和食のなかでも人気メニューですよね。
なんと江戸時代に流行した『日々徳用倹約料理角力取組』(相撲番付の倹約おかず版)では、精進料理部門の小結(上から3番目)としても記載されている「きんぴら」。日本人の魂にしっかり焼き付けられているおかずのひとつです。
でも、「きんぴら」って一体どんな意味?

漢字で書くと「金平」…名前の由来は人名!?

「きんぴら」を漢字で書いたことがありますか?普段目にするメニュー表などには「きんぴら」とひらがなで表記されていることが多いですが、じつは「金平」と書いてきんぴらと読みます。
この金平のもととなっているのが、「坂田金平(さかたのきんぴら)」。江戸時代に流行した古浄瑠璃「金平浄瑠璃」の主人公です。昔話「金太郎」の息子といえば、ピンとくる方も多いはず。父親譲りの強くて勇ましい「坂田金平」。この坂田金平を演じる役者の髪型がごぼうの細切りに似ていたというのが「きんぴらごぼう」の由来という説が有力です。
ほかにも頑丈な金平足袋(きんぴらたび)や、接着力の強い金平糊(きんぴらのり)といった、当時「強い」イメージを持つものにつけられていた「金平」が由来という説もあります。

いずれにしても歯ごたえがあって精がつくきんぴらごぼうと、「坂田金平」の強さや強いという意味の「金平」というイメージがピッタリ重なった結果、庶民にも広く定着していったのでしょう。

ごぼう(牛蒡)を漢字で書くと「牛」がいる謎

きんぴらを漢字で書くと金平。では、「ごぼう」を漢字で書くことができますか?ごぼうは漢字で書くと「牛蒡」です。音が「ご」なので、つい「午」と書いてしまいそうですが、これは誤り。
牛という漢字の語源は象形文字で「角のある大きな牛」を象ったもの。中国では古くから植物などが「大きい」ことを表す時に「牛(グ)」を使用していました。「蒡」は中国の牛蒡に似た植物のこと。この蒡に似ていて大きい植物だから「牛蒡」と呼ばれ、薬草として重宝されてきました。中国から薬草として伝来したごぼうは、先に紹介したように、江戸時代になると「精のつく食べ物」として庶民の家庭料理としても広く使われるようになりました。
食物繊維、ポリフェノールを豊富に含むごぼうは栄養価も高いのですが、根の部分を食べるのは日本とアジアの一部地域のみ。戦争中にはアメリカ人捕虜に食事としてごぼうを出したところ「木の根を食べるよう強要された」として、のちに訴えられたという逸話も聞かれます。(参考:『貝になった男―直江津捕虜収容所事件』上坂冬子著、文藝春秋)

きんぴらごぼうの語源は「強さ」にあった!

きんぴらごぼうは精進料理の基本のメニューでもあります。歯ごたえのあるごぼうを、更に食感よく仕上げて、精がつくきんぴらごぼう。私たちもきんぴらごぼうをたくさん食べて、江戸の人たちに負けないくらい元気に暮らしたいですね。
▼おいしいきんぴらごぼうが食べたい!

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

vorgue

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう