漢字で書ける?「きんぴらごぼう」のレシピや由来を徹底解剖!

和食の定番「きんぴらごぼう」。この記事では、きんぴらごぼうの漢字の表記や由来を調べてみました。実はあの有名な人物が関わっていたなんて……!もちろん、基本レシピをmacaroni動画でご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

2019年2月5日 更新

和食の定番「きんぴらごぼう」

きんぴらごぼうのとは、ごぼうを中心とした根菜などを甘辛く炒めた料理のことです。シャキシャキとした根菜の食感と甘辛い味付けがご飯のお供にピッタリで、和食のなかでも人気メニューですよね。

きんぴらが始まった時代

なんと江戸時代に流行した『日々徳用倹約料理角力取組』(相撲番付の倹約おかず版)では、精進料理部門の小結(上から3番目)としても記載されている「きんぴら」。日本人の魂にしっかり焼き付けられているおかずのひとつです。
まずは基本的な作り方を見てみましょう。

きんぴらごぼうの基本レシピ

材料(3人分)

・ごぼう……1本(150g)
・にんじん……1/3本(50g)
・ごま油……大さじ1杯
・唐辛子(輪切り)……1/2本分
a. 酒……大さじ2杯
a. 砂糖……小さじ2杯
a. しょうゆ……大さじ1杯
1 / 4

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

vorgue

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう