漢字で書ける?「きんぴらごぼう」のレシピや由来を徹底解剖!

和食の定番「きんぴらごぼう」。この記事では、きんぴらごぼうの漢字の表記や由来を調べてみました。実はあの有名な人物が関わっていたなんて……!もちろん、基本レシピをmacaroni動画でご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

和食の定番「きんぴらごぼう」

きんぴらごぼうのとは、ごぼうを中心とした根菜などを甘辛く炒めた料理のことです。シャキシャキとした根菜の食感と甘辛い味付けがご飯のお供にピッタリで、和食のなかでも人気メニューですよね。

きんぴらが始まった時代

なんと江戸時代に流行した『日々徳用倹約料理角力取組』(相撲番付の倹約おかず版)では、精進料理部門の小結(上から3番目)としても記載されている「きんぴら」。日本人の魂にしっかり焼き付けられているおかずのひとつです。
まずは基本的な作り方を見てみましょう。

きんぴらごぼうの基本レシピ

材料(3人分)

・ごぼう……1本(150g)
・にんじん……1/3本(50g)
・ごま油……大さじ1杯
・唐辛子(輪切り)……1/2本分
a. 酒……大さじ2杯
a. 砂糖……小さじ2杯
a. しょうゆ……大さじ1杯

下ごしらえ

・ごぼうは縦に切り込みを入れてささがきにし、水にさらしてあく抜きをします。
・にんじんは3cmの長さの細切りにします。

作り方

1. フライパンにごま油と唐辛子を入れて中火で熱し、ごぼうとにんじんを炒めます。

2. 全体に油が回ったら(a)の調味料を加えて炒め合わせ、汁気がなくなるまで煮詰めます。

3. 器に盛り、お好みで炒りごまを振って召し上がれ!

ポイント

ごぼうは少し厚めに切っても食感を楽しめておいしいですよ。また、ごぼうは変色を防ぐためにあらかじめ水にさらしてくださいね。
【レシピ提供 macaroni】

ここでクイズ!あなたは「きんぴらごぼう」を漢字で書けますか?

答え:金平牛蒡

みなさんはすぐにわかったでしょうか。居酒屋などのメニューで見かけることもあるので、ご存知の方も多いと思います。では、そもそもなぜ「きんぴら(金平)」という名前がついたのでしょうか。そして「ごぼう」はなぜ漢字で書くと「牛」がつくのでしょうか。その答えは続きで解説します。

「金平(きんぴら)」の由来

「きんぴらごぼう」の「金平」には、実はある人物が関わっています。その名も「坂田金平(さかたきんぴら)」。彼は、江戸時代に流行した古浄瑠璃「金平浄瑠璃(きんぴらじょうるり)」の主人公です。

昔話「金太郎」の息子といえば、ピンとくる方も多いはず。父親譲りの強くて勇ましい「坂田金平」。この坂田金平を演じる役者の髪型がごぼうの細切りに似ていたというのが「きんぴらごぼう」の由来という説が有力です。

そのほかの説

特集

SPECIAL CONTENTS