ライター : mau_naka

調理師 / 漢方コーディネーター / 発酵食品マイスター

フードスペシャリスト・ふぐ取扱登録者・薬膳調整師・発酵食健康アドバイザー。男の子ふたりを育てながらも大好きな料理に関する追及は止みません。なかなか好きなものを食べに出かけら…もっとみる

変色を防ぐにはバジルを正しく保存しよう

バジルは、鮮やかなグリーンと、鼻にすうっと抜けるようなさわやかな香りが特徴のハーブです。

寒さに弱いため冷蔵庫で冷やしすぎると、葉の部分がすぐに変色してしまいます。根がついていないバジルは水分にも弱く、湿度の高い場所で保管すると冷えた場合と同様に変色してしまうおそれが。バジルを保存する場合には、寒さや湿度を避けて保存しましょう。

変色したバジルは使っても平気?

ズバリ、変色したバジルは使わないほうが良いでしょう。変色したバジルは風味も味も落ちていて、おいしくありません。ただし保存するために乾燥させたバジルは、乾燥させる段階で茶色くなり、低温や水によって変色した場合とは違うので問題ありません。

【冷蔵庫】丸ごと生バジルの保存方法

準備するもの

・生バジル
・キッチンペーパー
・ジップ付き保存袋
・水

手順

1. バジルの汚れを落とす

Photo by mau_naka

バジルの葉の汚れをきれいに落とし、湿らせたキッチンペーパーで包みます。

2. 保存袋に入れる

Photo by mau_naka

キッチンペーパーに包んだバジルをジップ付き保存袋に入れ、冷蔵庫で保存します。

保存期間

生バジルを冷蔵庫で保存した場合の保存期間目安は1週間程度です。

編集部のおすすめ