冷めても◎ お弁当に入れたい「豚バラおかず」レシピ18選

安くておいしい豚バラは、調理しやすくお弁当のおかずにぴったり!脂浮きが心配?大丈夫♩作り置きしてもおいしい、お弁当におすすめの豚バラおかずレシピをお届けします。冷めてもおいしく食べるための調理のポイントや冷凍のコツも紹介します。

豚バラおかずをお弁当に入れよう

安い、美味しい、扱いやすいと優秀な豚バラ肉は、お弁当のお助け食材!豚バラロース、豚バラしゃぶしゃぶ用、豚バラブロックなど、スーパーにも色々な種類がありますね。

一概に豚バラといっても、メニューによって使うお肉の種類を変えたり、調理法を変えると、食感や味も変わってきます。そして、工夫しだいで洋食にも和食にも合うおかずが作れます。

スーパーでお買い得の時にたくさん購入して、おかずを作り置きしておけば、お弁当にも夕食にもメインの1品としてなります。これからご紹介するレシピをぜひ試してみてください。

脂が白くなってしまうことを防ぐには

豚バラ肉は豚肉の中でも脂が比較的多い部位です。作ったおかずが冷めた時に、脂部分が白く浮いてきたことはありませんか。油を絡める料理を作ることで、その白浮きを少なくしておいしいおかずを作れます。

油を使って調理する

揚げ物や照り焼きは、お弁当やおかずに最適です。付け合わせには、キャベツの千切りやトマトを入れて、あっという間に素敵なお弁当の完成。

豚バラを揚げ物にする際は野菜やチーズを巻くと、ボリュームアップ!オクラを巻くと切り口がお花のようになり、とても素敵なおかずになりますよ。

炒め物のときはサッと茹でる

炒め物をする時は、茹でておくと、脂っぽくなく食べることができます。また、茹でる際は、沸騰したお湯で茹でると固く縮んでしまうため、火を止めた状態で赤さが残る程度にササッと茹でると良いでしょう。お湯で脂を洗い落とすイメージです。

そして、野菜と一緒に炒めることで、脂っぽくないおかずを作ることができます。

食べるときに温める

豚バラは冷めると脂が浮いてしまうため、出来れば食べる直前に電子レンジで温めましょう。豚バラの旨みがまったく違いますよ。

薄切りの定番!豚バラの肉巻きレシピ5選

1.豚バラ肉のニラ巻き

豚バラ肉でニラを巻いて焼きあげるスタミナ満点の一品。ピリ辛ソースをかけるとご飯がすすむ、切り口のきれいなメニューです。

切り口がきれいなおかずはお弁当にぴったり。ニラの他に、小松菜やほうれん草、オクラもオススメです。

ITEM

国産 ニラ

内容量:1束

¥131〜 ※2018年6月11日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

2.豚肉のアスパラ巻き

しょうゆ風味の豚肉アスパラ巻きは、ご飯がすすむ一品です。作り方はとても簡単、作り置きのおかずとしても便利そう。簡単レシピなので、時間の無い時は子どもにお手伝いをしてもらいましょう。

そして、アスパラは前湯がき不要、生のまま巻けて手間いらず。アスパラの他に、えのきやニンジンを巻くと、色もきれいになり目にも楽しいお弁当になりますね。

特集

SPECIAL CONTENTS