5. とろーり半熟「温玉のっけレバニラ炒め」

花椒がビリリと刺激する「温玉のっけレバニラ炒め」。豆板醤の辛味も温玉がマイルドにまとめてくれます。おろしにんにくとしょうが、オイスターソースや醤油でしっかりと味付けしてくださいね。

6. 疲労回復に最適!「レバーとエリンギの黒酢和え」

黒酢にはアミノ酸・クエン酸が豊富に含まれており、疲労回復効果があります。レバーと合わせ、疲れている時にさっぱりと食べられますよ。 レバーは血抜きをして、醤油・酒・おろし生姜にしっかりと漬け込みます。水気を取って片栗粉をまぶし、揚げていきましょう。長ネギとエリンギは、焼き色がつくまで炒めます。 鍋に、だし・醤油・黒酢・きび砂糖を入れて沸騰させ、水溶き片栗粉でとろみをつけます。レバー・エリンギ・ネギと和えて、盛り付けたら完成!

豚レバーを使ったおすすめ煮物レシピ3選!

1. パンにも合う「レバーと新玉葱の甘辛マスタード煮」

新玉葱の甘みとマスタードのスパイシーさが、豚レバーの旨みにベストマッチ!にんにくスライスやみりんなどの調味料と一緒に煮込めば完成。パンにも合うおかずですよ。

2. おつまみにおすすめ!「レバーとじゃがいものコンフィ」

今やさまざまな料理に適応されるようになった塩麹ですが、レバーとの相性も抜群です。夕飯の一品や晩酌のお供など、さまざまなシーンで役立ってくれますよ◎ レバーは血抜きをしたあとに、塩麹と共に冷蔵庫で1〜2日ほどじっくり漬け込みます。鍋に、小さく潰したにんにく・カットしたじゃがいも・レバーを入れて、オリーブオイルを浸かるくらい加えます。あればセロリの葉で蓋をして、しばらく加熱するだけです。仕上がり後、塩で味を調えてあげましょう。

3. クリーム煮なのにさっぱり!「豚レバーのクリーム煮」

クリーム煮のこってりとした風味が苦手な方でも安心!レモンを加えることで、すっきりとしたまろやかさが実現します。夏暑いときにも、さっぱりと食べやすい一品です。 フライパンで玉ねぎ・しめじをサッと炒めて一度取り出します。同じフライパンで、表面に塩・こしょうをして小麦粉をまぶしたレバーを、カリッとなるまで焼きます。玉ねぎ・しめじを戻し、白ワインを加えてアルコールをとばします。 さらに生クリームを加え、少しとろみがついたら塩・こしょうで味を調えます。火を止めてからレモン汁を加え、レモンの皮をおろし金などで小さくして、上から全体に振りかければできあがりです。

豚レバーを使ったおすすめ揚げ物レシピ4選!

1. 鉄分とスタミナたっぷり!「レバーの竜田揚げ」

レバーに下味を漬けて揚げるだけで、サクサクの竜田揚げが楽しめます。タレは甘酢ベースで、酸味のあるさっぱり味!夏場のスタミナ補給にもピッタリです。 レバーは血抜きしたあと、おろしにんにく・おろし生姜・酒・醤油で下味をつけます。水気を拭き取り、片栗粉をまぶしてカリッと揚げます。ししとうも素揚げしましょう。お皿に盛って、ラディッシュとししとうを盛り付ければ完成です。 甘酢・醤油・からしを混ぜた、特製ダレをかけていただきましょう!

編集部のおすすめ