ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

野菜や果物の持ち味を生かす食べ方を提案する野菜ソムリエ。通関士として企業に勤務後、美容師・ローフード認定校講師として働きながら、パンと焼き菓子を製造販売しています。不調や不…もっとみる

すももの旬と食べごろの見分け方

すももの旬

すももは夏が旬の果物。品種によっても異なりますが、6月中旬〜8月にもっとも多く出回り、おいしい時期を迎えます。

主な産地は山梨県で、全国の約1/3を占めていますよ。長野県や和歌山県、山形県などでも多く栽培されています。(※1)

購入時の見分け方

果皮の色が鮮やかで、色むらや傷がなく、張りと弾力があるものがよいです。形はきれいな円形で、縦に入っている切れ込みに対して左右対称のものを選びましょう。持ったときにずっしりと重さがあるものがおすすめ。果皮に白い粉(ブルーム)が付いているものは新鮮ですよ。

食べごろの見分け方

購入後すぐのすももは熟しきっておらず、酸味が強いことが多いです。常温で保存して追熟させると、ほどよく酸味が抜けて食べやすくなりますよ。

すももは熟すにつれて赤みを帯び、実がしんなりしてやわらかくなります。食べるのにちょうどよい甘さになるにつれ、豊かな甘い香りが漂ってきますよ。完熟のすももは日持ちしないので、3〜5日以内に食べるようにしてくださいね。

すももとプラムは同じ?

すももには多くの品種があり、基本的に日本すもも(英名:japanese plum)と西洋すもも(英名:European plum)に大別されます。すもももプラムも基本的には同じ果物を指し、バラ科サクラ属に属する植物ですよ。

日本では、大まかに生のすももを、プラムやすももと呼び、乾燥したものやドライフルーツ専用の品種「ドメスチカスモモ」を含む乾果用西洋すももの品種をプルーンと呼んでいるようです。

皮ごとのすもも・青いすももは食べられる?

皮ごとのすもも

すももは少し酸味を感じますが、皮ごと食べられます。すももの皮にはポリフェノールが豊富に含まれていますよ。ほかの果物と比べても皮が薄くやわらかいため、酸味が気にならない方はそのまま食べるのがおすすめです。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ