すももの種の取り方・皮の剥き方

どうしてもすももの酸味が好きになれない、という方でも大丈夫です。すももの酸味は皮にありますので、表面の皮をきれいにむけば酸味が和らぎ、すももの果肉の甘さを感じることができます。

種の取り方

1. すももの中央に向かって包丁を入れます。刃が種に当たったところで、種のまわりを一周するように切れ目を入れます。

2. 包丁を抜き、半分に切れ目が入ったプラムの右側と左側の両方をつかみます。ひねるようにぐるりと回して切り離すと、綺麗に種付きの半身と種が外れた半身に分かれます。

3. 種のまわりに包丁を差し込み、種を取り除きます。すももは小さいので包丁の扱いには気をつけてくださいね。

皮の剥き方

1. 種を取り除いたすももを、食べやすい大きさに切ります。

2. 皮と実の間に包丁を入れ、りんごの皮をむく要領で皮を剥きます。手で剥くこともできますよ。すももを熱湯に10秒ほどつけ、冷水に取ると皮が剥きやすくなります。調理加工するすももの場合、熱湯に少しつけてから皮を剥くようにすると良いでしょう。

そのままでも甘味を感じるすももの食べ方

冷蔵庫で冷やす

すももの甘み成分である果糖は、温度が低い方が甘みを感じやすくなります。甘みをしっかりと感じたい場合は、冷蔵庫で冷やしてから食べましょう。完熟したすももは冷蔵庫で保存して、冷たいまま食べてくださいね。(※1)

塩を振る

スイカを食べるときと同じように、塩を振ると甘味が引き立ちますよ。また、塩は振るだけではなく、塩に漬けるのもおすすめです。完熟する前の少し硬めのすももを使用し、すももをきれいに洗います。一度沸騰させて冷ました塩水(水3カップにつき、塩大さじ4強程度の塩水)に3~4日漬け込めば完成です。塩水に漬けこむことで、すももの甘味をより強く感じられますよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ