酸味を和らげる方法

塩を使って甘みを引き立てることで酸味を和らげることもできますが、時間がある場合は完熟するまで待ってみてください。すももは日ごとに熟していく果物です。固いすももの場合、冷蔵庫の中で2~3日置いておくと、多少酸味が抜けていきます。お好みの状態で食べてください。

皮の剥き方と種の取り方

どうしてもすももの酸味が好きになれない、そんな方でも大丈夫です。すももの酸味は皮にありますので、表面の皮をきれいにむけば、酸味もなくなり、すももの果肉の甘さを感じることができます。

やり方

・種のとり方 まず、すももの中央にむかい包丁を入れます。刃が種に当たったところで、種のまわりを一周するように切れ目を入れます。包丁を抜き、半分に切れ目が入ったプラムの右側と左側の両方をつかんでひねるようにぐるりと回して切り離すと、綺麗に種付きの半身と種が外れた半身に分かれます。ここまでは、アボカドの種を取り除く際と同じ要領ですね。 最後に種を取り除くのですが、すももの種はアボカドのように簡単にポコッと取れないので、種の周りに包丁を差し込み、種を取り除きます。すももは小さいので包丁の扱いには気をつけてくださいね。 ・皮のむき方 種を取り除いたすももを食べやすい大きさにカットしてから、リンゴの皮をむく時の要領で皮をむいてください。 すももは小さいので皮をむきにくい果物ではありますが、ペティナイフなどを利用しましょう。また、すももを熱湯に10秒ほどつけ、冷水に取ると皮がむきやすくなります。調理加工するすももの場合、熱湯に少しつけてから皮をむくようにすると良いでしょう。
▼こちらも気になる!

おすすめのすももレシピ

すももジャム

種取りは小さい目のくりぬき器を使えばとっても簡単です。電子レンジでつくれるお手軽レシピなので、だれでも簡単に自家製ジャムができちゃいます。

すももケーキ

空焼きしたくるみの香ばしさとすももの酸味が好相性。フードプロセッサーで細かくしたものと粗く刻んだ2種類のくるみを使用することで食感の違いを楽しんで。 甘酸っぱいさっぱりとしたケーキで、紅茶やハーブティーとの相性も抜群です。

すももジュース

すももは種を取り除きます。鍋に材料を入れ、火にかけます。泡立ってきたらすももを入れて煮込み、すももの身が柔らかくなったら火を止めます。冷めたら菜箸などですももをつつき、皮を取り、シロップの中に戻し入れて完成です。シロップを冷水で割ったり、炭酸水で割ればすももジュースになりますよ。美容と健康にも良い甘酸っぱいさわやかなジュースです。

特集

FEATURE CONTENTS