つゆとトッピングでアレンジ自在!うどんの人気レシピ20選

暑い夏に食べたくなる「冷やしうどん」。つゆやトッピングを変えれば、アレンジの幅もとっても広がりますよ。今回は、さっぱりいただける梅を使った人気レシピや、スタミナ促進の豚肉を使った簡単レシピなどをご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

うどんはつゆ・具材を変えて楽しもう!

うどんは、小麦粉を主原料にした淡白な食材ですが、組み合わせる具材とタレによってバリエーションは無限大。だから作るのも食べるのも楽しくて、おいしいですよね。そこで今回は冷たいうどんから温かいうどん、そしてうどんを使ったアレンジレシピの3本立てでご紹介していきます!

まずは定番!釜玉うどんの作り方

ベーコン入り冷やし釜玉うどん

Photo by shucyan

さぬきうどんの王道である、釜玉(釜揚げ玉子)うどんをちょっと洋風にアレンジ。本場の方が知ったら「邪道だ!」と怒られそうですが、バターとベーコンを加えて、いわばベーコンエッグのようなうどんです。

うどんといえば、ふつう七味唐辛子を振りますが、お好みでブラックペッパーでお召しあがりください。ベーコンのスモーキーな香りと塩分がアクセントになって、至福の味わいですよ。

めんつゆの材料

つゆの材料

Photo by shucyan

・だし昆布            1枚
・イリコ             ひとつかみ
・削り節             10g
・水               600cc
・しょう油            300cc
・塩               少々
・みりん             適量

めんつゆの作り方

1.イリコと昆布を水に浸ける
イリコとだし昆布を水に浸けている様子

Photo by shucyan

イリコ(片口いわし)とだし昆布を鍋にひと晩浸けておきます。瀬戸内の物産館で購入したイリコを使いました。一般的な煮干しだと、頭と内臓は苦みが出るので取り除くこともありますが、上質なイリコならその必要はありません。
2.だしを火にかけて濾す
出汁をとっている様子

Photo by shucyan

鍋を火にかけて沸かし、沸騰直前に昆布を取り出して鰹節を投入したら火を止めます。上品な鰹節ではなく、お好みでサバ節を使うとワイルドで力強い味になります。プロのおそば屋さんの技です。風味が十分に出たところで、ザルとキッチンペーパーを使って濾します。
ボウルに入っただし

Photo by shucyan

黄金色に輝く、極上のだしが引けました。
3.だしに調味料を加える
だしに調味料を加えた様子

Photo by shucyan

鍋にだしと醤油、塩、みりんを入れて沸かします。かけ汁ではないので、かなりお醤油を濃いめにしましょう。製品によって塩分が異なりますので、味をみながら調整してください。甘い味がお好みの方は、お砂糖を加えても結構です。温かいうどんで食べたい場合はそのまま、冷たいうどんで食べたい場合は粗熱をとって冷蔵庫で冷やして召し上がってください♩

釜玉うどんの材料

ベーコン入り釜玉うどんの材料

Photo by shucyan

特集

SPECIAL CONTENTS