自然解凍する場合

Photo by leiamama

サラダやマリネにそのまま利用する場合は、前日に冷蔵庫に移して自然解凍するのがおすすめです。にんじんは常温で解凍するよりも、低温で解凍したほうが水分の流出が少なく、食感や味が落ちるのを最小限に抑えられますよ。

生のままで使う場合は、半解凍の状態で使用しましょう。このとき出てくる水分をキッチンペーパーでしっかりふき取ると、おいしさが損なわれるのを防げます。

レンジで解凍する場合

Photo by leiamama

大きめにカットしたにんじんは、カレーや煮物料理にピッタリ!レンジで軽く温めてから使うことで調理時間を短縮できます。ただし電子レンジは短時間で解凍するため水分が出やすく、どうしても食感を悪くする要因に。

また冷凍前に下ゆでしている場合には、にんじんに火が通り過ぎてしまうので、加熱時間を短めにしてくださいね。

冷凍にんじんがそのまま使えるレシピ5選

1. 沖縄の定番おかず。にんじんしりしり

Photo by macaroni

調理時間:10分

にんじんしりしりは沖縄の郷土料理。にんじんと卵の定番食材にツナ缶を加えると、ツナの旨味でおいしさがアップします。やさしい味わいのおかずは、常備菜にピッタリ。作り置きして、朝ごはんやお弁当のおかずに活躍すること間違いなし。

2. ビールのお供に。ピリ辛いかにんじん

Photo by macaroni

調理時間:10分

するめソーメンとにんじんを甘辛く煮付けるいかにんじんは、日本酒がすすむおつまみ。10分でできる簡単レシピです。寝かせると味が染み込んで、旨味が増しますよ。赤唐辛子がピリッときいて、ごはんのお供にもおすすめです。

3. 万能副菜。キャロットラペ

Photo by macaroni

調理時間:20分

キャロットラペは、デリでも人気のお惣菜。鮮やかなオレンジが、メインの付け合わせやおつまみ、お弁当のおかずなど使い勝手も抜群です。にんじんの千切りをマリネ液に和えるだけ。ひと工夫して、マリネ液に漬けて冷凍すれば、そのまま自然解凍で召しあがれますよ。

4. だしが染み出る♪ 小松菜と油揚げのおひたし巻き

Photo by macaroni

調理時間:20分

おひたし巻きは、小松菜とにんじんを油揚げで巻いてだし汁に浸すだけ。冷凍のにんじんを使えば、手間が省けます。やさしいだし汁が油揚げに染み込み、まさに料亭の味。にんじんのオレンジと小松菜の緑で、見た目も華やかなひと皿です。

編集部のおすすめ