水の温度と時間が決め手!高野豆腐の戻し方【基本&アレンジ】まとめ

口の中にじゅわっとお出汁が広がる高野豆腐、上手な戻し方ってご存じですか?基本的な戻し方、熱湯や電子レンジを使う戻し方など、意外と知らない高野豆腐の正しい戻し方についてご紹介します。ぜひ含め煮を作る際、参考にしてくださいね。

高野豆腐を上手に戻したい!

やわらかく、だし汁がじわっと滲み出る高野豆腐、とってもおいしいですよね。ほんのり甘い味の出汁が、滲みていれば滲みているほどおいしいです。乾物ですので長期保存も可能で、常備されている方も多いのでは?近年は一口大にカットされたものなど商品のバラエティも増え、ますます主婦の強い味方になってくれる食品です。

そんな高野豆腐ですが、普段ご自宅で作る際、どのように戻してから使っていますか?戻すのは水で?それとも熱湯で?水気はどのように絞ったらいいの?1回ぎゅっと絞るだけで十分?

意外と知らない高野豆腐の戻し方を、基本やり方から時間がない時に役立つやり方まで、詳しくご紹介します。

基本の高野豆腐の戻し方

まずは、基本の高野豆腐の戻し方についてです。

水や熱湯ではなく、50度くらいのお湯を用意します。ボウルなどにそのお湯を張り、高野豆腐を浮かべ、10分ほど浸しておきます。中まで十分に戻ったら、水気を絞って食べやすい大きさに切ってから料理に使います。

さらにしっかり戻すには、高野豆腐の上に落し蓋をし、お湯が冷めないように蓋をしておくといいでしょう。そして1分ほど戻したところで高野豆腐をひっくり返し、再び落し蓋と蓋をして戻すと、ふっくらと戻りますよ。

基本はこのような方法で大丈夫ですが、商品によって戻し方が違う場合もあるので、袋に書いている戻し方をしっかり確認してから戻してくださいね。

熱湯を使った高野豆腐の戻し方

今日は時間がないのですぐに戻したい!という方は、熱湯を使って戻す方法もあります。

手順はお湯を使った時と同じように、熱湯の中に高野豆腐を浸すだけ。入れた瞬間に一気に膨らみますが、中まで戻っていないこともあるようなので5分ほどそのまま浸しておきましょう。完全に戻ったらザルにあげて、手で触れるようになるまで冷まします。あまり長く浸しておくと崩れやすくなってしまうので、頃合いを見て取り出してくださいね。

電子レンジを使った戻し方

お湯を沸かすのが面倒だなと言う方は、電子レンジを使った方法もあります。

まずはたっぷりのお水に高野豆腐を3分ほど浸し、取り出します。別のお皿などに移し、ラップをかけて電子レンジで2分加熱して完成です。そのまま切って料理に使うことができますが、アツアツになっているので、やけどには十分注意してくださいね。

おいしい含め煮を作るポイント

上手に高野豆腐を戻すことができたら、おいしい含め煮を作りましょう!おいしく作るポイントをご紹介します。

しぼり汁が透明になるまでしぼる

水で戻した際、1回だけギュッと水気を絞って終わりにしていませんか?乾物臭をしっかり抜くためにも、しぼり汁が透明になるまでしっかり絞った方が良いです。両手で押して水気を絞り、キレイな水に取ってまた絞る、を3~4回ほど繰り返してください。そうすることによって高野豆腐に味が染み込みやすくなるそうですよ。

煮汁に入れる前に余分な水分をしぼる

高野豆腐を切る際は、水気を絞ってから切るのではなく、水気を含ませた状態で切り分けてからザルにあげておきましょう。そして、煮汁に入れる直前にもう一度水気を絞ります。そうすることによって高野豆腐に含まれた空気をしっかり抜き、味を染み込みやすくさせます

作った煮汁の中に高野豆腐を入れる

高野豆腐に味をつける際は、調味料を一つずつ加えていくのではなく、出汁やしょう油、みりんなど全ての調味料を混ぜ合わせ、煮立たせてから高野豆腐を加えるようにしましょう。

というのも、高野豆腐のように柔らかい食材は、先に加えた調味料から味が染み込んでしまうので、期待したような味付けにならなくなってしまうからです。味を均等にするためにも、調味料は混ぜてから煮ましょう。

弱火で5〜6分煮る

煮る際は弱火で煮ましょう。強火で煮てしまうと中までしっかり味が染み込まなかったり、煮崩れしてしまう場合があります。

プロ並みの味に!絶品含め煮レシピ

特集

SPECIAL CONTENTS