ミートボールカレー

お子様が大好きなミートボール入りのカレーです。ミートボールを作る時に牛乳を加えているのが特徴です。牛乳を加えることでお肉がやわらかくなり、風味も増しますね。 あらかじめミートボールを作っておき、それを一般的なカレーに加えています。牛のかたまり肉を使うより、合い挽き肉で作ったミートボールを使うことで食べやすく、カレーの風味をまろやかになります。

牛乳をたっぷりホワイトカレー

一見シチューのようなホワイトカレーです。実は、小麦粉を炒めて作るカレーの過程とシチューのルーを作る過程はほぼ同じ。小麦粉を焦がさないように炒め、スパイスとなるカレー粉を入れてカレーの風味を引き立たせているレシピです。 色は白ですが味はカレー。なんとも不思議な感覚ですが、カレー風味のシチューなのか、シチュー風味のカレーなのか意見が分かれそうですね。実際に食べてみると、カレー粉の風味が効いた本格的なカレーです。
▼コーヒーもコクを増す最高の隠し味なんですよ!

ミルクカレースープは朝食にも合う!

朝からカレーライスはちょっと重たい……という方でも、カレー味のスープであれば胃に負担をかけずにいただけるのではないでしょうか。 作り方も簡単!鍋にオリーブオイルを入れてベーコンを炒めます。ベーコンから脂が出てきたらカレー粉を加えましょう。そこにスープの材料とカボチャを加えて煮立たせます。残りの具材と牛乳を加え、塩コショウで味付けをしてドライパセリをふりかけてできあがり! 忙しい朝にも時短ででき、かつカレー粉のスパイスが効いていて朝の目覚めもシャキっとするメニューですね。

究極系!? 青森「味噌カレー牛乳ラーメン」

なんと!ラーメンに牛乳を加えて提供しているお店が青森にあるのです!地元では名物になっているようですよ。いったいどのようなラーメンなのでしょうか。

味噌カレー牛乳ラーメンって?

青森には様々なご当地グルメがありますが、「味噌カレー牛乳ラーメン」もご当地グルメランキング上位に入るメニューなのだとか。 もともとは札幌ラーメンが発祥だそうで、それが青森で話題になり広まったメニューです。現在、青森に5店舗あるそうですよ。 冬の寒さが厳しい青森で、この味噌カレー牛乳ラーメンは冷えたからだを芯から温めてくれるんでしょうね。

味噌カレーラーメン発祥「札幌館」

「味噌カレー牛乳ラーメン」は、もともとは北海道でラーメン店を出していた初代店主が考案したものです。それを代々引き継ぎ、青森にある5店舗は「味噌カレー牛乳ラーメン」発祥のラーメン店「札幌館」ののれん分けされたお店とされています。 もともと「味噌カレーラーメン」というメニューはあったそうで、青森に出店したときに地元の高校生のアイデアから牛乳を加えた「味噌カレー牛乳ラーメン」が生まれたのだとか。それが青森のご当地フードとなるなんてことは、そのとき考えていたのでしょうか? こちらのお店の「味噌カレー牛乳ラーメン」にはバターを贅沢に使用。牛乳を多めに入れてることでマイルドに仕上がり、バターが入ることでコクが深まるという極上のラーメンです。 カレーラーメンは聞いたことがありますが、牛乳とバターまでもが加わったラーメンはまだ数少ないのではないでしょうか。乳製品と味噌ラーメンの相性はバツグンなんでしょうね。
■店舗名:札幌館 ■最寄駅:新青森駅 ■住所:青森県青森市石江岡部56-3 ■電話番号:017-782-1765 ■営業時間:11:00~21:25(L.O.) ■定休日:年中無休 ■参考URL:http://hitosara.com/tlog_2001438/
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS