分量とタイミングは?カレーの牛乳レシピがリピ必至のマリアージュ

カレーに牛乳なんて想像つかないよ!という声が聞こえてきそうですが、実は意外にもカレーと牛乳は相性がよいのです!隠し味に加えるとまろやかな風味になるんですよ。今回は、カレーに入れる牛乳のタイミング、おすすめレシピをご紹介します。

2019年4月9日 更新

カレーに牛乳を入れるタイミングと分量

牛乳を入れるタイミングと分量について、シチューを作る時にシチューのルーの箱に「牛乳は最後に火をとめて加える」と書いてあるのが多いかと思います。

牛乳は沸騰させてしまうと成分が分離し凝固してしまい、口当たりがザラザラとした食感になってしまいます。そのため、牛乳は沸騰しないように入れることが大切です。分量はご家庭のお好みでOKです。入れれば入れるぼどマイルドな味わいになりますよ。

カレーに牛乳を入れたレシピ

それではカレーに牛乳を入れた料理を4品ご紹介します。それぞれの材料と牛乳がほどよくマッチしていて、どの料理も納得の味です。また、ラーメンに牛乳を入れたメニューが話題のお店も併せてご紹介しましょう。

ミートボールカレー

お子様が大好きなミートボール入りのカレーです。ミートボールを作る時に牛乳を加えているのが特徴です。牛乳を加えることでお肉がやわらかくなり、風味も増しますね。

あらかじめミートボールを作っておき、それを一般的なカレーに加えています。牛のかたまり肉を使うより、合い挽き肉で作ったミートボールを使うことで食べやすく、カレーの風味をまろやかになります。

牛乳をたっぷりホワイトカレー

一見シチューのようなホワイトカレーです。実は、小麦粉を炒めて作るカレーの過程とシチューのルーを作る過程はほぼ同じ。小麦粉を焦がさないように炒め、スパイスとなるカレー粉を入れてカレーの風味を引き立たせているレシピです。

色は白ですが味はカレー。なんとも不思議な感覚ですが、カレー風味のシチューなのか、シチュー風味のカレーなのか意見が分かれそうですね。実際に食べてみると、カレー粉の風味が効いた本格的なカレーです。
▼コーヒーもコクを増す最高の隠し味なんですよ!
2 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう