ローディング中

Loading...

家庭料理の定番料理、カレー。作りすぎて余ったカレーは冷凍保存こそ賢い!冷凍保存の上手な方法を覚えれば、常温や冷蔵よりもグンと日持ちします!今回は、カレーを冷凍保存する方法や保存期間について、また、解凍方法も併せて紹介します。

カレーを日持ちさせる冷凍保存

家庭料理の定番と言えばカレーですが、ついつい多めに作ってしまうもの。もっとも、何日かに分けて食べることを前提としている人も多く、カレーは日持ちする料理と思っている人も少なくないと思います。

しかし、カレーはどのくらい日持ちするのでしょうか。ここでは、カレーの保存方法、とりわけ冷凍保存について紹介していきます。

冷蔵よりも冷凍

カレーの常温での賞味期限は1日程度です。何日にも分けて食べている人にとって、もしかしたら意外に思われるかもしれません。特に気温の高い夏場や細菌が繁殖しやすくなる梅雨時などは、1日ももたないこともあるのです。そうなると、カレーを冷蔵保存するようにしようと考えるものです。それでも、カレーの冷蔵庫での保存の目安は2日~3日程度と覚えておきましょう。

さらにカレーを長期的に保存しておきたい場合は、冷凍がおすすめです。ですが、ここで気をつけておきたいのは、じゃがいもです。実は、じゃがいもは冷凍には向きません。カレーを保存する際は、じゃがいもを取り除いておくか、潰すしかありません。また、カレーを冷凍保存する際は、加熱した後に十分冷まして行うようにしましょう。

カレーを保存用袋で冷凍する方法

カレーを冷凍する場合は、一度加熱しておいてから十分に冷まし、それからタッパーやフリーザーパックに入れます。もっとも手軽なのはジッパー付きの保存用の袋です。冷凍の場合はできるだけ短時間で急速に冷凍するのがポイントです。これが、おいしくカレーを食べるポイントです。ここでは、冷凍でのカレーの保存の仕方と保存期間について紹介します。

保存の仕方

冷凍保存するときの基本は、カレーをいったん加熱して十分に冷ましてから冷凍保存をするようにします。保存用袋に入れて、冷凍保存を行います。この時、できるだけ短時間で急速冷凍しましょう。

これは、カレーのおいしさをそのまま冷凍で閉じ込めるようにしたいからです。基本的には、平らになるように保存袋に入れます。この方が急速に冷凍できるため。アルミパットの上に保存用袋を平らにして置き、そのまま冷凍庫に入れるようにすると、早く冷凍できるのでおすすめです。

保存期間

このときの保存期間の目安は約1ヵ月となります。常温にするよりもかなりの期間、保存することができるのでおすすめです。解凍する際は、できるだけ自然に解凍したほうがいいです。できれば、食べる前日から冷蔵庫に入れて自然にゆっくりと解凍するようにしましょう。それから、電子レンジで加熱するか、あるいは鍋に移してから加熱して食べるようにします。
▼カレーの肉が短時間で柔らかくなる方法は?

製氷皿を使って冷凍

カレーを冷凍するにはさまざまな方法がありますが、中でも製氷皿に入れての冷凍はかなりお手軽!とはいえ、製氷皿にはカレーを移しにくいので、スプーンなどでカレーを移していく方法が一般的です。

製氷皿で冷凍保存する最大のメリットはカレーを小分けにできること。それも、手軽にできますので、後で解凍するときにも重宝します。

袋に入れて保存する方法もいいのですが、基本的にカレーはカチカチに凍りませんので、ビニールなどの保存袋に入れてしまうと、解凍時が大変になってしまいます。もっとも、自分のやりやすいようにカレーを解凍してみましょう。試行錯誤しながら、自分にしっくりくる方法を探すのも楽しいものです。

保存の仕方

保存方法としては、スプーンなどでこまめに移していきます。そして、上から空気が入らないようにラップします。そのままラップせずに冷凍すると、風味が逃げてしまうので気をつけましょう。できるだけ空気が入らないようにラップするのがポイントです。

解凍する際にも製氷皿は便利です。氷のように使う分だけ割って解凍することができるからです。

保存期間

冷凍の場合はいかなる場合でも、保存期間は1ヶ月が目安となります。それ以上になると、風味の点で劣ります。冷凍すると無期限に食べられるような気がしますが、基本的にはできるだけ早く食べることを心がけましょう。あくまでも、一時的に保存するというスタンスです。

冷凍の際は、じゃがいもなど具材に注意

カレーを冷凍保存するときに気をつけなければいけないのが、具材。中でもじゃがいもと人参は要注意なのです。ここでは、カレーを冷凍する際に気をつけたいことを具材を中心に紹介しています。

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

味の決め手に大活躍!簡単「海苔の佃煮」の活用レシピ7選

ただご飯に乗せるだけではもったいない!ということで、今回は「海苔の佃煮」を使った人気アレンジレシピ8選を紹介していきます。簡単に取り入れられるので、海苔の佃煮が冷蔵庫に眠っている方は、ぜひ活用してあげてくださ…

鮭フレークの作り方&簡単アレンジ12選!パスタやチャーハンだけじゃない!

パスタに和えたり、ご飯と混ぜてチャーハンにしたり。鮭フレークは、まさに家庭の味方です!そこで今回は、鮭フレークの作り方とアレンジレシピを、主食、おかず、おつまみに分けて12点ご紹介します。簡単なものばかりなの…

夏のマンネリ解消!「そうめん」のつけだれとアレンジレシピまとめ

夏の定番そうめんは、毎日食べると飽きてしまうもの。そこで今回は、トマトや豆乳などを使ったつけだれや、冷やしそうめんのアレンジレシピをまとめましたよ!どれも家にある材料で作れるものばかりなので、ぜひ料理の幅を増…

全て冷蔵保存はダメ!調味料を正しく保存して食の安全を確保しよう

調味料はどこに保存していますか?常温で保存しているもの、冷蔵庫に入れているものなど色々あるかと思いますが、それは本当に正しいのでしょうか。カビの発生を防ぎ、劣化を遅らせて、風味をきちんと保つためにも、正しい保…

簡単なのにおいしさ無限!レトルトカレーのアレンジレシピ!

時間がない日の食事に大助かりなレトルトカレー。同じ味にはもう飽きた……という方へ簡単アレンジレシピをご紹介!たまにはごはん以外で食べてみたい、そんな希望を叶えるレシピが盛り沢山!少し一手間加えるだけで、レパー…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

《保存版》スタバの人気裏メニューまとめ!あなたはいくつ知ってる?

スタバで裏メニューがあるということはとても有名ですが、頼み方がわからない人も多いのでは?そこで今回は人気の「スタバの裏メニュー」をまとめました。これであなたもスタバ通!ぜひお気にいりのメニューを見つけてくださ…

【マナー】カジュアルだけど意外と難しい!?イタリア料理の食べ方まとめ

軽食として、カフェのメニューとして、親しまれているカジュアルなイメージのピザ、パスタ。しかし食べてみると意外と難しい。なんとなくソースが散ってたり…。イタリア料理を美しく食べましょう!デートや友達と気軽に食事…

男ならワイルドに焼いてガッツリ食うべきBBQの食材『10』選

夏と言えばキャンプ。キャンプと言えばBBQ!色んなものを皆で焼いて美味しく食べるBBQですが、ワイルドに焼くBBQは男を見せるチャンスです。そこで、キャンプだろうがそうじゃなかろうが、グリルがオススメのBBQ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

深夜でも大丈夫な渋谷カフェ『5』店!終電を逃してもオシャレに過ごせる♡

飲み会で盛り上がり気づいたら終電を逃してた...そんな時、始発を待つにも空いてるお店って少ないですよね。そこで深夜も営業している渋谷のオシャレなカフェをまとめました!それぞれが魅力的のお店なので、始発までの時…

巻くだけで女子力3割増しな「生ハム」の盛り付け方♡

生ハムはパーティー料理の前菜としてカナッペにしたりサラダの上に飾ったりと便利です。メインのお料理に時間を割くと以外と手間のかかる前菜。作る時間がない!なんて場合も。そこで、ただ巻き巻きするだけ!おっしゃれ―な…

ガラスの輝きに癒やされる、ワインボトルで雰囲気たっぷりのライトを作ろう

ワイン好きの方はワインボトルがどんどんお手元に残ってしまうことがあるのではないでしょうか?ワインボトルのガラスには独特の深みがあるので、ボトルでライトを作るDIYが現在各地で流行中です。この記事ではワインボト…

ページTOPに戻る