ローディング中

Loading...

カレーを作る際には隠し味を加えることも多いでしょう。カレーにコクを加えるためにはコーヒーが良いということをご存知ですか?どのようにコーヒーを加えればよいのか、どのくらい入れたらよいのかなどについてお話しましょう。

カレーにコーヒー入れるとおいしいの?

カレーの隠し味としてコーヒーを加えるってよく耳にしませんか?しかし、本当にコーヒーを加えることでおいしくなるのか、と疑問に感じてしまう方もいるでしょう。スイーツに使うことはありますが、まさかお料理にコーヒーを使うなんて…と驚いてしまう方もいるようです。本当に、カレーにコーヒーを加えることによっておいしくなるのでしょうか?

じつはこれ、本当なのです!コーヒーを加えることで、カレーにコクと深みがしっかりプラスされます。ここでは、カレーをおいしくするコーヒーの加え方、そしてその他の隠し味として使える調味料などをご紹介していきます。

コーヒーを入れるとコクが深まる

カレーは作った当日よりも翌日食べる方がおいしいと言われています。翌日の方がカレーにコクが出て良いとされていますが、これを当日でも実現するためにコーヒーがおすすめなのです。コーヒーを加えることによって、作った翌日と同じようなコクが出るとともに、ほろ苦さが加えられ、ただ辛いだけではなく深みのある味わいになるのも大きな特徴です。

ただし、カレーの隠し味としてコーヒーを加える際には、ペットボトルなどで販売されているコーヒーを入れるわけではありません。後ほど詳しくご紹介していきますが、どのようなコーヒーを使えばよいのかについても把握しておきましょう。

ビターチョコレートもおすすめ

ビターチョコレートを隠し味としてカレーに加えるのもおすすめです。コーヒーを加えた場合に比べ、ビターチョコレートは苦味が弱く、コクもマイルドになります。ただし、ビターチョコレートを入れ過ぎてしまうとチョコレートに含まれる油脂でカレーが食べにくくなったり、胃もたれを起こしたりする原因になってしまいます。加えるのは「ひとかけ」で十分ですよ。

カレーにコーヒーを入れる方法

カレーの隠し味にコーヒーを使う際には、コーヒーを加えるタイミングがとても重要になります。お野菜などを煮こむ段階からコーヒーを加えてしまうのではなく、以下でご紹介するポイントを押さえながらコーヒーを加えてください。

タイミングが重要!

カレーの隠し味として加えるコーヒーは、インスタントコーヒーがベスト。インスタントコーヒーならば量を調節しやすいだけではなく、ぐつぐつ煮込んでいるお鍋の中で溶けやすいという特徴を持っていますよね。コーヒーがきちんと溶けるように、小さなコップなどでコーヒーをあらかじめ溶いてからお鍋に加える方法もおすすめです。

お鍋に加えるタイミングはカレーのルーをプラスし、ルーがしっかりと溶けた後です。タイミングも間違えないようにしてくださいね。

ドリップコーヒー・濃いめのコーヒーを入れる場合

インスタントコーヒーではなく、ドリップコーヒーや濃い目のコーヒーなどを入れる場合もタイミングが必要です。カレーができ上がり火を止める直前に入れて、お鍋の中にひとまわししましょう。

量も大切

コクを出すための隠し味としてコーヒーを加えることは非常におすすめですが、加える量には注意しなければなりません。たくさん入れすぎると、コーヒーの苦味ばかりが目立ってしまい、おいしいカレーを食べることができなくなります。

小鍋一つに対し、コーヒースプーン半分から一杯程度をまずは加えてみましょう。もちろん好みやカレーを作る量によって、微調整をすることが大切です。

またコーヒーの種類によっても量を少しずつ調節すると良いでしょう。コーヒーには酸味の強いものやコクの強いものなどそれぞれ特徴があります。酸味の強いコーヒーを加えてしまうとカレーの味はバランスを崩すので、酸味の強いものは少量、コクの強いものは少し多めに加えても良いでしょう。
▼カレーにとろみをつけるなら、こんな方法もおすすめ!

カレーにコーヒー牛乳はどう?

コーヒーを直接加えるのではなく、コーヒー牛乳があるときにはコーヒー牛乳を加えても良いのかな?と思う方もいるようです。

コーヒー牛乳はコーヒーの代わりに加えても問題はありません。ただしコーヒー牛乳の場合には、牛乳、そしてお砂糖がたっぷりと含まれていますので、小鍋に対し大さじ一杯から二杯程度を加えるようにしましょう。それ以上を加えてしまうとコーヒー牛乳の甘みがカレーのおいしさを崩してしまうことがあります。

コーヒー牛乳を加えることによって、ミルクのまろやかさ、そしてコーヒーのコクがプラスされます。量にさえ気をつければ、ベストバランスでお好みのカレーを作ることができますよ。

他にも!カレーに深みを出す隠し味

上記のようにカレーの隠し味としてコクを出すためには、コーヒーやコーヒー牛乳などを加えるのが最もおすすめです。しかし、その他にも隠し味として人気を集めている調味料がありますので、それぞれを紹介していきましょう。複数の調味料を隠し味として加えても本格的な味を目指すことができますよ。

砂糖

お砂糖はカレーにコクをプラスするだけでなく、カレーの辛さをまろやかにしてくれます。
火を止める直前にお砂糖を加えるのもよし、食べる直前にお好みに合わせてお砂糖を加えるのも問題ありません。また、お砂糖の代わりに蜂蜜や黒糖などを加えて、深いコクとツヤを出すと言う方法もおすすめです。

赤ワイン

赤ワインはビーフシチューなどを作る際にもたっぷりと使われる材料です。赤ワインをカレーの隠し味に使用する際には、お鍋一つに対し50cc程度がベストでしょう。高級感のある味わいになるとともに、ワインのフルーティな香りがプラスされますよ。お肉をたっぷりと使ったカレーの隠し味としておすすめです。

甜麺醤

甜麵醬はカレーをはじめとして、様々なお料理のアレンジに用いられることが多い調味料です。甜麺醤には様々な調味料があらかじめ使われているため、カレーに少量加えるだけで味わい深く仕上がります。

カレーに甜麺醤を加えるというテクニックは、プロとして活躍されているシェフの方も活用する方法です。甜麺醤はアミノ酸を非常に多く含んでおり、このアミノ酸が具材の持つおいしさを引き出してくれるのです。それが本格的で高級感をプラスするためのコツだったのですね!

トマトジュース

無塩タイプのトマトジュースをカレーに加えると、まろやかでフルーティな仕上がりになります。野菜を煮るタイミングで、小鍋一つに対し、トマトジュースを50CC程度加えましょう。

また、玉ねぎとひき肉を炒めた後、トマトジュースを加えて玉ねぎを柔らかく煮込んでから、カレールーをプラスするという作り方もあります。この方法で作ったカレーは麺類などとの相性も良く、カレーパスタなどにも役立ちますよ。

中濃ソース

中濃ソースは甘みをたっぷりと含んでおり、さらにはアミノ酸をはじめとして、お野菜やフルーツのエキスも含まれています。小鍋一つに対し、中濃ソースを大さじ二杯から三杯程度加えてみましょう。
甘みとコクをプラスすると共に、フルーティな香りがプラスされるのでご飯との相性が際立って良くなります。また食べる直前にお皿に盛ったカレーの上に中濃ソースをお好みでかけて食べるという方もいるようです。
▼ハヤシライスの隠し味なら、こちら!

コーヒーを加えて自分好みのカレーを

カレーの隠し味はご家庭によって違いますが、コーヒーは特におすすめといえますね。もちろん、その時の気分やお好みに合わせて、ここでご紹介した他の隠し味と使い分けてみましょう。ベストな隠し味のバランスを自分なりに探してみるのも楽しいですね。

コーヒーを使ったことがない方は、ぜひ一度試してみてください。今までよりも自分の好みの味になれば嬉しいですね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

かぼちゃ レシピ

皮が固いかぼちゃは切るのが大変なイメージがありませんか?かぼちゃはレンジを使えば、安全に簡単に切ることができます。固いかぼちゃを上手に切るためのレンジの使い方をご紹介します。加熱することで、調理時間の短縮にな…

豚肉 オクラ レシピ

ヘルシーでさっぱり食べられる豚肉料理「みょうがとオクラの豚肉巻き」をご紹介します。肉巻きの具材が、オクラとみょうが、大葉ととてもヘルシーなので、お肉を食べていても罪悪感なし!レンジのみで簡単にできるのでとって…

バター レシピ

さまざまな輸入食品を扱うセレクトショップ「カルディ」。中でも「たらこスプレッド」というたらこを贅沢に使ったバターが爆発的に売れているのをご存知でしょうか?今回は、「たらこスプレッド」を使った時短×…

ハンバーグ スープ レシピ まとめ

子供から大人まで大好きなハンバーグには、どんなスープをつけ合わせていますか?ハンバーグとスープでバランスのよい献立は?今回は定番スープから意外な材料を使ったスープまで、ハンバーグと合わせて食べたいスープをレシ…

シュウマイや蒸しパン、さつまいもなど、蒸し器の上手な使い方ってご存じですか?蒸し器ってなんか面倒で難しそうと思われがちですが、コツさえつかめば簡単に使いこなせるのです。今回は蒸し器の基本的な使い方とポイントを…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ カレー アレンジレシピ

家庭料理で、子供受けがよく簡単に作れる定番料理といえばカレーですよね!カレールーを買いだめしてストックしておくも、カレールーって結構あまりやすい... 余ってしまったカレールーを活用できるレシピをご紹介します。

まとめ レシピ おにぎらず エスニック

さいきんお昼はいつもおにぎらずを持参。でも、具材がワンパターン化してるんだよねー・・。そんなあなたにとっておきのアレンジレシピを紹介します。ちょっと変わったエスニックアレンジでおにぎらずをもっともっと満喫しま…

塩麹 甘酒 レシピ まとめ

今なにかと話題の酵素が豊富で旨みもたっぷりの麹。日本伝統の調味料のもとでもある麹は、体にいいとわかっていても実際どう使っていいかよくわからないという人も多いのでは?そんな麹を使った簡単レシピをご紹介いたします!

トースト サラダ まとめ レシピ

トーストとサラダの組み合わせが、密かに話題上昇中です♪前日の残りのサラダでももちろんOK!いつものトーストが栄養満点のボリュームプレートに早変わり!?野菜もお肉も一気にのせて、ガブッと食べちゃいましょう☆

夏野菜 レシピ 沖縄料理 サラダ まとめ

苦みがおいしい夏野菜ゴーヤ、栄養も満点で夏バテ予防にも積極的にとりたいゴーヤ、でもいざ食べるとなるとゴーヤチャンプルーくらいしか知らなかったりしませんか?そこでおすすめのおいしいゴーヤレシピをまとめてみました!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

食べ歩き 韓国料理 韓国

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」。おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

たまご お弁当 アボカド

インスタグラムの新しいトレンド「#ほめたまごはん」をご存知ですか?黄身の色が鮮やかなたまご「ほめたま」を使った料理写真につけるタグなんです。おいしく美しい「ほめたまごはん」でほめられちゃうかも!? おすすめの…

ドリンク

シリアル食品ブランド「ケロッグ」とサントリーのコラボが実現!おいしさ・満足感・栄養バランスを兼ね備えた「ケロッグ 飲む朝食 フルーツグラノラ」が新発売。今回はそんな新商品の試飲を敢行!まるで食べてるような満足…

レシピ まとめ

新生活で忙しくなったり、料理が苦手な人でも作れる料理のレパートリーは増やしておきたいですよね。そんな人でも安心してください!料理初心者の人でも簡単で挑戦しやすい包丁を使わないレシピをまとめました。

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...