カレーにチョコが絶妙の隠し味!入れるタイミングと量は?

カレーにはそれぞれのご家庭で隠し味が入っているものです。中でもおすすめなのが、チョコ!専門店のようなコクのある味になるんですよ。カレーにチョコを入れるタイミングや量、そして隠し味入りのカレーレシピをご紹介していきます。

チョコはカレーをおいしくする隠し味

カレーの隠し味は、これまでもさまざまなものが話題になりました。ご家庭によって、これは絶対に使用すると決めている隠し味もあるでしょう。様々な隠し味がある中で、チョコがお勧めということはご存知でしたか?
チョコを加えることによって、どんなカレーが出来上がるのか、さらに入れるタイミングや量などを詳しくご紹介します。

チョコ入りカレーはどんな味?

なぜチョコを隠し味に加えることがおすすめなのでしょうか?どのような味がするんだろう、と気になる方もいるでしょう。チョコを入れたからといって、カレーがチョコレートの味になってしまうわけではありませんよ。

隠し味にチョコを加えることによって、コクが深くなるとともに辛さがマイルドになり、ほんのりとした甘みが加わります。ここでの甘味は砂糖による甘みではなく高級感のある甘味ですので、プロが作るような高級カレーに近づけることができるのです。

ちなみにより深みのある味わいに仕上げたい場合は、インスタントコーヒーを加えるのがおすすめです。分量や入れるタイミングなどはこちらで詳しくご紹介しています。

チョコの入れ方

カレーの隠し味としてチョコを使用する際には、どのように入れればよいのでしょうか?入れるタイミングや分量についてお話します。

おすすめの分量

カレーの隠し味に使うチョコの分量は、お鍋ひとつに対して1カケから2カケを目安にしましょう。お鍋の大きさによっても変わってくるのでまず1カケ入れてみて、味見をしてください。コクなどが足りないようであれば2カケを加えてみましょう。

入れるタイミング

チョコを加えるタイミングは、カレーのルーと同時に加えるのが良いです。ただしチョコを入れるときには以下のポイントを意識してください。

入れ方のポイント

チョコを加える時、そしてカレーのルーを加える時には、必ず火を止めてください。火をつけたまま加えてしまうとカレーのルーが固まり、きれいに溶けてくれないことがあります。

同時に、チョコを入れることによってカレールーとチョコが固まってしまい、滑らかに溶けてくれないことがあるので注意しましょう!できればチョコはあらかじめ電子レンジなどで軽く溶かした状態でお鍋の中に加えてください

チョコの種類によって味が変わる

カレーの隠し味に加えるチョコはどのようなチョコが良いのでしょうか?チョコと一口に言ってもミルクチョコ、ビターチョコなど甘さも違うさまざまなものがあります。

食べやすく、おすすめなのはごく一般的なミルクチョコです。板チョコでもオリジナルのものが販売されているので、そういったもので良いでしょう。お酒が加えられているものやピーナツが入っているのもおすすめですよ。風味が格段にアップします。

また、ホワイトチョコを入れることによりチーズのような風味をほんのりと楽しむことが可能です。カレーとチーズの相性は非常に良いので、ミルクチョコを加えチーズ風味になったカレーを食べてみるのも良いでしょう。

チョコがない時のおすすめの隠し味

おすすめなのは分かったけれどチョコがない!という場合には、どのような隠し味を入れるのが良いのでしょうか?カレーをおいしくするための隠し味についてご紹介します。

ジャム・はちみつ

フルーツを使ったジャム、そしてはちみつは、ミルクチョコを隠し味に使った場合と同様にコクとマイルドさがプラスされます。ジャムに関しては特に決まりはありませんので、お好みのものを加えましょう。

ママレードジャムを加えると、さっぱりとしたカレーに仕上がります。ブルーベリーやイチゴジャムなどは比較的甘さが強く、さらにコクを出す際におすすめです。

はちみつはカレーの隠し味として鉄板ですね。ジャムや蜂蜜をカレーに加える際にはカレーのルーがしっかりと溶けてから少量ずつ加えましょう。

ヨーグルト・牛乳

特集

SPECIAL CONTENTS